ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > ツキノワグマによる人身事故防止について

ここから本文です。

更新日:2017年6月28日

ツキノワグマによる人身事故防止について

全国各地で、入山者がツキノワグマに襲われ命を落とす事故が発生するなどの人身事故が起きています。
本県においても、昨年度の3件の人身事故に続き、今年度も5月、6月と、2件の人身事故が発生しており、目撃情報も昨年度の1.5倍をこえています。
春先から初夏にかけての山菜採りシーズンや秋から初冬にかけての冬眠前時期は、山中や集落周辺でクマと遭遇する危険性が高まります。
森林や山に入るときは、鈴やラジオなど音の出るものを身につけ、常に音を鳴らしながら行動しましょう。
特に、クマは夕方から早朝に行動し、集落周辺に出没する可能性が高くなりますので、この時間帯に外出する時は、周囲の状況にも注意しましょう。

兵庫県森林動物研究センターのホームページ「ツキノワグマ目撃情報」サイトや、注意喚起チラシ「ツキノワグマによる人身事故防止のために」を参考に、人身事故防止に向け、充分なご注意をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課
電話:078-362-3463
FAX:078-362-3069
Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp