ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > 野鳥との接し方について

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

野鳥との接し方について

  • 野鳥はペットではありません。自然の中でのびのびと生きていけるよう捕まえないでください。許可なく捕獲、飼養することは法律で禁止されています。
  • ケガをしている野鳥を発見した場合は、保護せず原則そのままそっとしておいてくださいかわいそうという理由で保護してもそれは野鳥をかえって弱らせてしまう可能性があります。どうしても見過せない場合は最寄りの各農林(水産)振興事務所又は市町役場にお問い合わせください。

ヒナを拾わないで

  • 野生のヒナを見つけた際は、保護をしないでください近くで親鳥が見守っている可能性が高いので、私たち人間がヒナを保護すれば、野生復帰が困難になります。
  • 巣が手に届くところにあれば、巣に戻してください。巣がわからない、車道にいる等の危険の及ぶ可能性がある際には、親鳥が見つけやすい場所あるいは近隣の公園や森林など緑の豊かな場所に放してください。

ヒナを拾わないで!ポスター(PDF:479KB)

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウィルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。

正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いします。

  • 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、お近くの以下の各農林(水産)振興事務所へお問い合わせください。
  • 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
    特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください

問い合わせ先

各農林(水産)振興事務所連絡先

  • 神戸農林振興事務所林業課078-361-8554
  • 阪神農林振興事務所里山・林業課079-562-1392
  • 加古川農林水産振興事務所林業課079-421-9347
  • 加東農林振興事務所森林課0795-42-9424
  • 姫路農林水産振興事務所森林林業課079-281-9289
  • 光都農林振興事務所森林林業課0791-58-2348
  • 豊岡農林水産振興事務所森林林業課0796-26-3699
  • 朝来農林振興事務所森林林業課079-672-6882
  • 丹波農林振興事務所森林林業課0795-73-3796
  • 洲本農林水産振興事務所森林課0799-26-2103

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農政環境部環境創造局鳥獣対策課
電話番号:078-362-3463
FAX:078-362-3069
Eメール:shizenkankyo@pref.hyogo.lg.jp