ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > ひょうごシカ肉活用ガイドライン

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

ひょうごシカ肉活用ガイドライン

 シカの捕獲時やシカ肉の処理過程での衛生管理を高めることにより、食肉としてのシカの付加価値を上げ、有効に活用していくための考え方や方法をまとめました。衛生的で安全なシカ肉の確保を図るために必要な捕獲、搬入、と殺解体、処理方法、食肉販売等の際の取り扱い事項について記載しています。

ガイドラインの概要

◆狩猟者等の捕獲・搬入にかかる注意事項
 (1) 食品事業者として適切な捕獲、異常の発見、血抜き、運搬時の品質確保 
 (2) 食用時に銃弾が残らないように発見しやすい銃弾の選択
 (3) 腹部破損による食肉部位の汚染防止
 (4) 異常個体の食肉用からの除外
 (5) 衛生的な処理のため捕獲場所では血抜きのみを行って処理施設へ搬入

◆処理事業者の解体・処理施設での注意事項
 (1) シカ解体処理場の必要事項
 (2) 衛生的に保たれた処理室で解体を行い、解体前後は消毒と清掃の徹底
 (3) 食品衛生責任者の配置、その他従事者への衛生教育の実施
 (4) 従事者に定期健康診断等を実施し、衛生的に保ち解体処理を実施

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課
電話:078-362-3463
FAX:078-362-3069
Eメール:shizenkankyo@pref.hyogo.lg.jp