ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 寄稿・コメント・メッセージ > 阪神・淡路大震災から1万日目を迎えるにあたっての知事コメント(令和4年6月3日)

更新日:2022年6月3日

ここから本文です。

ようこそ知事室へ

阪神・淡路大震災から1万日目を迎えるにあたっての知事コメント(令和4年6月3日)

阪神・淡路大震災から1万日目となります。
改めて、震災で亡くなられた6,400人を超える方々に心から哀悼の誠を捧げるとともに、安全安心な社会づくりへの誓いを新たにしたいと思います。

四半世紀を超える歳月が経過し、震災の風化が懸念されています。
震災を「忘れない」「伝える」「活かす」「備える」ことの大切さを胸にきざみ、私たちは、これからも震災の経験と教訓を広く発信しながら、防災・減災対策を県民一体となって進めていかなければなりません。

今年、人と防災未来センターが開設20周年を迎え、10月には、同センターをメイン会場に、近畿圏で初となる「防災推進国民大会2022」が開催されます。これを好機として捉え、官民が連携して取り組んできた防災・減災活動の成果を国内外に発信し、防災意識の更なる向上を図っていきます。

令和4年6月3日

兵庫県知事 齋藤 元彦

お問い合わせ

部署名:危機管理部 防災支援課

電話:078-362-4354