ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 高齢者 > 地域支援事業の推進について > 緩和した基準によるサービスの担い手の養成

ここから本文です。

更新日:2019年7月26日

緩和した基準によるサービスの担い手の養成

緩和した基準によるサービスの担い手の養成研修

兵庫県では、介護予防・日常生活支援総合事業における「緩和した基準によるサービス」の提供に向けて、多様な担い手の養成を支援するとともに担い手の質を確保するため、標準カリキュラムを策定しました。

このカリキュラムを参考に、各市町における地域の実状に応じた担い手の養成が進むよう市町の取組みを支援します。

県では、本カリキュラムと同等以上のカリキュラムにより県内市町等が行う研修を受講した者を「兵庫県介護予防・生活支援員」としてみなします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢政策課

電話:078-341-7711(内線2941)

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp