ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 情報公開 > 歴史資料 > 年表 幕末期1

ここから本文です。

更新日:2014年11月16日

年表 幕末期1

嘉永4年~万延元年(1851~1860年)

西暦

年号

県域内のできごと

国内や世界のできごと

1851
(嘉永3.11.29~
嘉永4.12.9)
嘉永4 生野代官、但馬朝来・養父・出石・気多4郡及び播磨宍粟郡の村々の窮状を幕府勘定所に訴える【1】

尼崎藩、赤穂郡上郡村で木綿専売を実施する【1】

生野代官所領の但馬4郡166か村に対し、勘定所から640両の拝借銀が支給される【11】

小島省斎、柏原藩主織田信貞に藩政改革5か条を進言する【11】

出石藩の封地の一部が変更される【12】

この年、暁鐘成、『淡路国名所図絵』を著す



幕府、十組問屋など株仲問の再興を許す【3】

ロンドン世界博覧会が開催される【4】
1852
(嘉永4.12.10~
嘉永5.11.21)
嘉永5 尼崎藩、赤穂郡上郡村に札座を設けて藩札を発行する【2】

この年、必山、句集『登理能寿』を著す
ルイ・ナポレオン、皇帝に即位する(ナポレオン3世)【10】
1853
(嘉永5.11.22~
嘉永6.12.2)
嘉永6 大坂町奉行所、摂津・河内の油稼人に絞方鑑札を渡し、油稼人の名前、居村、人力、水車の別を郡別に報告させる【1】

明石藩、大蔵谷に砲台を築く【6】

幕府、兵庫・西宮の商人に御用金を賦課する【11】

この年、姫路藩、領内の綛糸(かせいと)の売買を禁止する
アメリカ東印度艦隊司令長官ペリー、浦賀に来航する【6】

ロシア極東艦隊司令長官プチャーチン、長崎に来航する【7】

幕府、大船建造の禁止を解く【9】

トルコがロシアに宣戦布告し、クリミア戦争始まる(~1856)【9】
1854
(嘉永6.12.3~
嘉永7.11.12)
(嘉永7)
安政元
(11.27改元)
出石藩士多田弥太郎、江戸に出奔する【4】

塩流通をめぐり高砂と大塩村が争う【4】

大坂町奉行、綿屋仲間以外の者の綿の買入れを禁じ、綿取扱業者の綿屋仲間への強制加入を命ずる【6】

摂津・河内の諸村、綿売買の規制に反対して訴願する【閏7】

大坂町奉行、綿売買の規制を緩和する【8】

姫路藩、家島の警護を強化する【9.23】

ロシア艦船ディアナ号、大坂湾に入り、尼崎・兵庫・明石に接近する【9】

幕府、姫路・明石・尼崎のに3藩に海岸警備を命じ、三田・龍野・安志・林田・三日月・出石の諸藩にも応援を命ずる【9】

網干屋吉兵衛、兵庫小野浜に船やき場の建設を始める【9】

阿波藩、淡路の由良・岩屋に砲台の建設を始める【11】

川本幸民、『遠西奇器述』を著す【11】
ペリー、再び浦賀に来航する【1.16】

上海にアメリカ租界成立する【1】

幕府、日米和親条約を締結する【3.3】




幕府、日英和親条約を締結する【8.23】










幕府、日露和親条約を締結する【12.21】

太政官符を下して、諸国寺院の梵鐘を銃砲に改鋳させる【12.23】
1855
(嘉永7.11.13~
安政2.11.23)
安政2 勘定奉行石河政平ら、摂海沿岸を巡見する【2.15~24】

但馬の幕領の村々、年貢石代納について訴願する【2】

山崎藩、領内に梵鐘供出を回達する【3】

山崎藩、砲4門を鋳造する【4】

古東領左衛門、淡路津井湊の改修に着手する【4】

摂津・河内1,086か村、菜種・油・油粕の適正価格による売買を求めて訴願する【6】

川路聖謨、堺から兵庫にかけて砲台建設地を調査する【10】

この春、柏原藩、大砲射撃を試みる


幕府、毀鐘鋳砲を幕領・私領に令達する【3.3】

パリ万国博覧会が開催される【3】







幕府、日仏和親条約を締結する【10.15】

幕府、日蘭和親条約を締結する【12.23】
1856
(安政2.11.24~
安政3.12.5)
安政3 麻田藩桜井谷役所、管内の豊島・川辺両郡の寺に、梵鐘の有無と本末寺関係を申告させる【1】

摂津多田院、末寺の鐘について届け出る【2】

川本幸民、幕府の蕃書調所の教授手伝となる【4】

高槻藩預所の川辺郡の18か寺、下知しだい鐘を供出する旨の請書を提出する【11】

姫路の木綿江戸積仲間、姫路藩に冥加銀の軽減を願い出る【12】
アメリカ総領事ハリス着任する【8.5】

アロー号事件起こる【9】
1857
(安政3.12.6~
安政4.11.16)
安政4 播磨新野辺村の篠巻商人、篠巻綿の国産品取扱いを姫路藩に願い出る【2】

生野代官所、支配の村々から「産物取調書上帳」を提出させる【2】

金本顕蔵、伊丹明倫堂の教頭となる【3】

播磨揖東郡の興浜新開会所が銀札四種類を発行する【5】

但馬広谷村の年寄惣右衛門、但馬の養蚕について建言する【6】

但馬浜坂村の平祐・伊八郎ら、長期の融通切手を発行する【12】

この春、柏原藩、藩校又新館が狭隘のため、新たに崇広館を設立する

この夏、藤本鉄石、伊丹を訪れる

この年、西宮・生瀬で両替手形(私札)が発行される
インド北部で反英大反乱起こる(セポイの乱等~1859)【4】



英仏連合軍、広州を占領する【11】
1858
(安政4.11.16~
安政5.11.27)
安政5 丹波篠山町春日神社能舞台の鏡開きを行う【3.24】

幕府、大坂に箱館産物会所を設け、兵庫津にその出張所を置く。北風荘右衛門、兵庫出張所の用達となる【3】

長州藩、西摂沿岸の警備を命ぜられ、持場警備本部の公議所を兵庫の浜本陣絵屋に置く【6.21】

姫路藩の帆船速鳥丸竣工する【6.25】

外国奉行堀利煕、但馬海岸を見分する【12】

この年、尼崎藩、梶屋吉右衛門ら3人を札元として銀札3種を発行する

この年、播磨三木の月輪寺、開帳にあたり操り芝居の興行を出願する

この年、備前浪士藤本鉄石、淡路を訪れる
井伊直弼、大老に就任する【4.23】

幕府、日米修好通商条約に調印する【6.19】

幕府、水戸徳川斉昭・越前松平慶永らに謹慎を命ずる【7.5】

イギリス、東インド会社を解散し、インドを直接統治する【6】

幕府、10日にオランダ、11日にロシア、18日にイギリスと修好通商条約に調印する【7】

孝明天皇、条約調印に不満の勅諚を水戸藩などに下す【8.8】

幕府、フランスと修好通商条約に調印する【9.3】
1859
(安政5.11.27~
安政6.12.8)
安政6 姫路藩、篠巻綿の販売を長束木綿会所の管理下におく【1】

淡路の増井文太の猟師隊、藩主の「透見」の検閲をうけ、一同名字帯刀を許される【2】

この年、尼崎藩、山本屋卯兵衛・瓦林屋茂兵衛を札元として、銀札2種を発行する

安政年間、姫路藩士秋元安民、洋式帆船を建造する
幕府、二朱銀・小判・一分銀を鋳造する【5.24】

幕府、神奈川・長崎・箱館を開港、米・英・仏・露・蘭との貿易を許可する【5.28】

幕府、舶来武器の購入を許可する【6.20】

安政の大獄始まる【8】
1860
(安政6.12.9~
万延1.11.20)
(安政7)
万延元
(3.18改元)
出石藩士加藤弘之、蕃所調所の教授となる【閏3.9】

三田藩の白洲退蔵、藩政改革に着手する【6】

尼崎藩、伊丹の小西新右衛門から融資を受ける【7】

このころ、浜坂村の庄屋長十郎が私札を発行する
井伊直弼、桜田門外で殺害される【3.3】

幕府、大判改鋳を指令する【閏3.18】

幕府、五品江戸廻し令を出す【閏3.19】

英仏連合軍、北京を占領する【8】

皇妹和宮の将軍家茂への降嫁を発表する【11.1】

お問い合わせ

部署名:企画県民部管理局文書課

電話:078-362-3063

FAX:078-362-3902

Eメール:bunshoka@pref.hyogo.lg.jp