ホーム > しごと・産業 > 工業 > 地場産業 > 兵庫県の地場産業の紹介 > ボルト・ナット

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

ボルト・ナット

概要

ボルト・ナットは兵庫県の地場産業として、組合員企業の結束のもと「産業の塩」とも呼ばれるネジの製造を通じて県内のみならず国内産業の発展に貢献

起源・沿革

兵庫県におけるボルト・ナットの製造業者の地域分布は、主にボルト・ナット両方を製造している神戸市地域と主にナットを製造している姫路市地域に大別することができる。
ボルトは神戸市内を中心に産地が形成され発展してきた。最も古い業者は大正10年頃に創業した。
神戸市にボルト製造業が発展した背景として地域内に造船、製鉄、機械などの大企業の生産拠点が数多く立地し、各種ボルトの一大消費地であったことが挙げられる。当産地には大企業との協力または下請関係にある企業が多いものの、近年、大阪・東京などの他地域への販路拡大や海外への輸出などを積極的に推進している。
一方でナットは、造船で使用されるポンチカスを利用した手打ち火造りの「和ナット(丸製ナット)」の製造から始まった。当時、ねじ立ては手回しのタップで行われていたが、ナットの製造が活発化するのは明治末期頃からである。
昭和2年頃に平製ナット機が導入されるに及び、従来の丸製ナットから順次平製ナットに移行した。さらに昭和10年頃に丸鋼からナット素材を形成できる新しい丸製ナット機が導入され、再度丸製ナットの生産量が急増した。
昭和30年代後半には海外で開発された熱間ナットホーマーが国内に輸入され、より高精度な製品が製造されるようになった。
現在、機械系工業の高度化・近代化につれてメカトロニクス、ロボット生産に必要な精密・高級な製品分野が新しい需要を生む方向にあるため、業界は製品の多様化・高級化など質の転換と安価な輸入品との共存を今後の課題として取り組んでいる。生産工程図(PDF:25KB)

問い合わせ先

兵庫県鋲螺釘工業協同組合

住所:〒650-0011神戸市中央区下山手通4-16-3兵庫県民会館3階
電話:078-331-2045
FAX:078-331-2095

事業活動

  • IT化の普及および規格(ISOなど)への対応
  • 人材育成並びに情報の提供
  • 市況の安定化

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局工業振興課

電話:078-362-3331

FAX:078-362-3801

Eメール:kougyoshinko@pref.hyogo.lg.jp