ホーム > しごと・産業 > 工業 > 地場産業 > 三宝ダム管理トンネルを活用した日本酒等の販売促進支援による地域振興の取組について

ここから本文です。

更新日:2021年10月7日

三宝ダム管理トンネルを活用した日本酒等の販売促進支援による地域振興の取組について

1.概要

丹波市にある竹田川源流の一つに位置する三宝ダムの管理トンネル内は、温度が通年15度と一定しており、酒の熟成に最適であることから、同水系の水を使用する酒蔵3社(山名酒造株式会社、株式会社西山酒造場、鴨庄酒造株式会社)と丹波県民局が連携し、酒米「HyogoSake85」等を原料とした日本酒などを貯蔵・熟成させる取組を行っています。

この取組により、日本酒等の販売促進、酒米新品種「HyogoSake85」のブランド育成、ダム資源の有効活用及び水系を軸とした地域のイメージアップを図ることとしています。

三宝ダム三宝ダムトンネル

2.取組内容

令和3年3月 三宝ダム管理トンネルへの日本酒等の蔵入れ
令和3年9月 三宝ダム管理トンネルからの日本酒の蔵出し
令和3年10月9日 酒蔵3社より三宝ダム貯蔵酒の販売開始

三宝ダムチラシ

3.販売促進の取組

道の駅丹波おばあちゃんの里にて各酒蔵によるPR販売を実施

【日時】令和3年10月9日(土曜日)9時~15時

【特典】

  • 道の駅丹波おばあちゃんの里で、10月9日に購入された方には粗品進呈(三宝ダム貯蔵酒ストラップまたはマグネット)
  • 各酒蔵の店頭で購入された方にも粗品進呈(なくなり次第終了)

4.新しい酒米「HyogoSake85」

「HyogoSake85」は、病気に強く、地球温暖化による高温にも耐性がある品種として兵庫県が育成した酒米。県内酒造や杜氏からは「香りが高くすっきりとして、のどごしが良い」と高評価を得ており、今後、丹波地域では使用が広がる見込みです。品種名は、最近の日本酒の輸出促進を考慮するとともに、外国に酒どころ「兵庫」をアピールするため、英語表記にしました。

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室 産業振興課

電話:0795-73-3788

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp