ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 尼崎21世紀の森 > 「-尼崎の森中央緑地-100年の森の物語」絵本ができました

ここから本文です。

更新日:2017年10月19日

「-尼崎の森中央緑地-100年の森の物語」絵本ができました

尼崎の臨海部にある「尼崎の森中央緑地」で、工場跡地に苗木を植え、100年の森づくりを進めています。

この森づくりの取り組みを伝えていくために、100年の森の成長を描いた絵本を作成しました。

表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

内容

尼崎に住む小学校1年生の「みどりちゃん」がおばあさんになるまでの人生を通して、

苗木が森へと成長していく様子を、四季折々の森の変化や、森の虫や野鳥などの生きもの、

森での楽しみなどを織り交ぜて描いた物語です。

子どもたちが、自分の未来と重ね合わせて、森の成長を想像できる内容になっています。

作者

文:守宏美(もりひろみ)

絵:阿部紀子(あべのりこ)

絵本のダウンロードはこちら

尼崎の森中央緑地100年の森の物語(PDF:9,869KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 尼崎港管理事務所 尼崎21世紀プロジェクト推進室

電話:06-6105-4433

FAX:06-6481-8251

Eメール:ama21@pref.hyogo.lg.jp