ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 介護保険・サービス > 訪問看護師・訪問介護員安全確保・離職防止対策事業について

ここから本文です。

更新日:2019年10月10日

訪問看護師・訪問介護員安全確保・離職防止対策事業について

兵庫県では訪問看護師、訪問介護員のサービス提供時の安全確保を図るため、訪問看護師・訪問介護員安全確保・離職防止対策事業として以下の事業を実施します。

(調査協力のお願い)訪問看護師・訪問介護員安全確保・離職防止対策事業の調査について

地域包括ケアシステムの実現に向けて、在宅、施設等における介護保険サービスの提供体制の構築とその担い手となる介護職員が安心して働く環境を整えることの重要性が高まっています。

一方、介護保険サービスを担う職員は女性の割合が高いこと、1人で利用者宅を訪問する場面や利用者の身体に触れることが必要な場面が多いこと、介護サービスは法令上サービス提供の義務があること等から、職員が利用者・家族等からハラスメントを受けることがあると考えられています。

本調査は、訪問看護、訪問介護の現場における利用者・家族等からのハラスメントの実態や、これに対する介護サービス事業者における対応の状況を把握することを目的に実施いたします。

調査結果は、現場の実態を踏まえた効果的な事業の検討に活用させていただきますので、ご協力お願いします。

 

  1. 回答方法
    こちら(外部サイトへリンク)の兵庫県電子申請システムにアクセスの上、ご回答ください。(所要時間 2~3分程度)
  2. 回答期限
    令和元年10月30日(水曜日)

2人以上の職員による訪問サービス提供時の費用の一部補助について

訪問看護師、訪問介護員が訪問サービスを提供する際に、利用者やその家族等からの暴力行為等で2人以上の訪問が必要なケースで、利用者及び家族等の同意が得られず、介護報酬上の2人訪問加算が算定できない場合に加算相当額の一部を補助します

(※暴力行為等とは、迷惑行為、暴言、過大なクレーム、ストーカー行為、セクシュアルハラスメント等をいいます。)

(※県市協調事業として実施し、事業実施を決定した市町が事前協議等の窓口となります。)

補助事業の要件等について

補助対象の要件

(事業所の要件)

  • 兵庫県内に所在する介護保険法による指定を受けた指定訪問看護、指定訪問介護事業所であること
  • 補助事業にかかる利用者が、事業実施市町の介護保険被保険者であること
  • 補助事業にかかる利用者に、介護保険法に基づく指定訪問看護、指定訪問介護のサービスを提供していること

(補助事業にかかる利用者:「サービス提供時に利用者又はその家族等から暴力行為等がある利用者」をいいます)

  • その他の要件、必要書類については、協議先の市ホームページをご確認ください

補助単価

  • 訪問看護、介護予防訪問看護
  • (看護師等による複数名訪問)      1回 2,540円
  • (看護師等と看護補助者による複数名訪問)1回 2,010円
  • 訪問介護
  • (訪問介護による訪問)         1回 1,030円 (R1.10月~1回 1,040円)
  • (共生型訪問介護による訪問)      1回    800円 (R1.10月~1回  810円)

負担割合

  • 県1/3 市町1/3 事業所1/3

補助事業の申請先

現在、県内16市町が事業を実施しています。補助事業にかかる利用者の介護保険の保険者である市にご相談ください。

H29~神戸市、西宮市

H30~相生市、赤穂市、小野市、三木市、宍粟市、佐用町、豊岡市、丹波市、朝来市

H31~尼崎市、川西市、猪名川町、上郡町、養父市

訪問看護師・訪問介護員への利用者・家族からの暴力対策研修会のご案内について

訪問看護師や訪問介護員が利用者本人やご家族等から受ける暴力が問題となっています。

事業所の管理者やスタッフが暴力について理解し、安全・安心な訪問が継続できる職場づくりを目指して研修会を開催します。

  1. 開催日時 令和元年9月21日(土曜日)13時30分~16時30分
  2. 場所   兵庫県看護協会 ハーモニーホール(神戸市中央区下山手通5-6-24)
  3. 対象者  県内訪問看護ステーション管理者・スタッフ、県内訪問介護事業所・関連事業所の管理者・スタッフ
  4. 内容等
    • 13時30分~13時45分  開会挨拶 ・情報提供
      「訪問看護師・介護員安全確保 ・離職防止対策事業について 」兵庫県 高齢政策課
    • 13時45分~15時00分  講義(1)
    •   「 暴力・ハラスメントを取り巻く国内外の最新動向 」
    •   「 暴力・ハラスメントの事例から対応方法を考える」 講師: 関西医科大学 看護学部看護学研究科教授 三木 明子 氏
    • 15時10分~16時10分 講義(2) 
    •   「利用者・家族からのハラスメントについての法的な視点」 講師:福田法律事務所 福田 大祐氏
  5. 参加費 無料
  6. 申込み 別添参加申込書による事前申込み 参加申込書(PDF:44KB)

 

訪問看護師・訪問介護員が受ける暴力等対策マニュアル

マニュアルはこちら(外部サイトへリンク)からダウンロードしてください。


2人以上の職員による訪問サービス提供時の費用の一部補助について

訪問看護師、訪問介護員が訪問サービスを提供する際に、利用者やその家族等からの暴力行為等で2人以上の訪問が必要なケースで、利用者及び家族等の同意が得られず、介護報酬上の2人訪問加算が算定できない場合に加算相当額の一部を補助します。(平成30年度から、深夜時間帯(22時~6時)の安全確保の場合を追加しました。)

(※暴力行為等とは、迷惑行為、暴言、過大なクレーム、ストーカー行為、セクシュアルハラスメント等をいいます。)

(※県市協調事業として実施し、事業実施を決定した市町が事前協議等の窓口となります。)

補助事業の要件等について

補助対象の要件

(事業所の要件)

  • 兵庫県内に所在する介護保険法による指定を受けた指定訪問看護、指定訪問介護事業所であること
  • 補助事業にかかる利用者が、事業実施市町の介護保険被保険者であること
  • 補助事業にかかる利用者に、介護保険法に基づく指定訪問看護、指定訪問介護のサービスを提供していること

(補助事業にかかる利用者:「サービス提供時に利用者又はその家族等から暴力行為等がある利用者」をいいます)

  • その他の要件、必要書類については、協議先の市ホームページをご確認ください

補助単価

  • 訪問看護、介護予防訪問看護
  • (看護師等による複数名訪問)      1回 2,540円
  • (看護師等と看護補助者による複数名訪問)1回 2,010円
  • 訪問介護
  • (訪問介護による訪問)         1回 1,030円
  • (共生型訪問介護による訪問)      1回    800円

負担割合

  • 県1/3 市町1/3 事業所1/3

補助事業の申請先

現在、県内16市町が事業を実施しています。補助事業にかかる利用者の介護保険の保険者である市にご相談ください。

H29~神戸市、西宮市

H30~相生市、赤穂市、小野市、三木市、宍粟市、佐用町、豊岡市、丹波市、朝来市

H31~尼崎市、川西市、猪名川町、上郡町、養父市

相談窓口 ~訪問看護師・訪問介護員への暴力等お困り相談ひょうご~ について

訪問看護師、訪問介護員等が利用者やその家族等から、暴言、暴力、ハラスメント行為等を受けた場合は、相談窓口までご相談ください。相談内容に応じて、ケースごとの専門機関への紹介等を行います。

相談窓口について

名称

~訪問看護師・訪問介護員への暴力等お困り相談ひょうご~

場所

兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目6-24

(公益社団法人兵庫県看護協会内)

電話番号

078-371-4165(原則電話により受付)

開設日時

月曜日~金曜日 13時00分~16時00分(祝日・年末年始を除く)

対象となる方

兵庫県内の訪問看護事業所、訪問介護事業所に勤務する訪問看護師、訪問介護員、事業所の管理者、その他訪問業務に関わる職員等

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢政策課

電話:078-341-7711

内線:2945

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp