ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 介護職員等によるたんの吸引等に係る従事者認定・事業者登録等の手続き・様式について

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

介護職員等によるたんの吸引等に係る従事者認定・事業者登録等の手続き・様式について

介護職員等によるたんの吸引等の実施に係る「認定」や施設・事業所の「登録」のための様式についてダウンロードすることができます。

介護職員等によるたんの吸引等に係る研修を修了された方、又は介護職員等によるたんの吸引等に係る認定内容の追加・変更に係る実地研修(ワード:33KB)を修了された方は、実際にたんの吸引等を行う前に、下記により必ず従事者の認定及び事業者の登録を行ってください

  1. 研修を修了された従事者の認定申請等について
  2. 従事者の氏名・住所を変更した場合の届出について
  3. 登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)の登録申請等について
  4. 申請先
  5. たんの吸引等にかかる登録研修機関について

1.研修を修了された従事者の認定申請等について

介護職員等によるたんの吸引等の実施に係る研修を修了された方は、次の様式に必要な関係書類(「住民票の写し」、「兵庫県看護協会・兵庫県介護福祉士会又は登録研修機関から交付された修了証書の写し」等)及び「認定証を交付するための返信用封筒(宛先を記載し、必要分の切手を貼付)」を添えて、従事者の認定申請を行ってください。

区分 様式

(不特定の者対象)

第一号研修又は第二号研修を修了した方

ただし、カの場合を除く

(様式5-1)(不特定多数の者対象)(ワード:48KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

(特定の者対象)

  • 第三号研修を修了した方
  • 第三号研修認定者で認定証の交付を受けた者以外の者への実地研修を修了した方

ただし、ウの場合を除く

(様式5-2)(特定の者対象)(ワード:50KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

(特定の者対象)

第三号研修認定者で、同一の対象者に対して追加の特定行為の実地研修を修了した方

(様式5-2-2)認定証更新申請書(第三号研修修了者)(ワード:51KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

(特定の者対象)

経過措置対象者で、同一の対象者に対して追加の特定行為の実地研修を修了した方

(様式17-1-2)認定証更新申請書(経過措置対象者)(ワード:45KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

(特定の者対象)

経過措置対象者で、認定証の交付を受けた者以外の者への実地研修を修了した方

(様式17-1)(経過措置対象者)(ワード:46KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

(不特定の者対象)

第二号研修認定者で、気管カニューレ内部の喀痰吸引・経鼻経管栄養の実地研修を追加で修了し、第一号研修修了扱いとなる方

(様式5-1-2)認定証更新申請書(第二号研修修了者)(ワード:49KB)

(様式5-3)誓約書(ワード:31KB)

認定特定行為業務従事者認定証の再交付が必要な方

(様式8)再交付申請書(ワード:33KB)

認定特定行為業務従事者認定証の原本証明が必要な方

(様式9)原本証明申請書(ワード:32KB)

参考:切手料金表(PDF:12KB)

2.従事者の氏名・住所を変更した場合の届出について

従事者の氏名・住所の変更の際には、次の様式に下記の関係書類及び「認定証を交付するための返信用封筒(宛先を記載し、必要分の切手を貼付)」を添えて、届出をしてください。

  • 氏名変更の場合:認定特定行為業務従事者認定証(原本)、氏名が変わったことがわかる書類(例:戸籍抄本、運転免許証のコピー等)
  • 住所変更の場合:認定特定行為業務従事者認定証(写)、住所が変わったことがわかる書類(例:住民票の写し等)
区分 様式

認定特定行為業務従事者認定証について、認定を受けた従事者の氏名・住所を変更した方

(様式7)認定特定行為業務従事者認定証変更届出書(ワード:38KB)

参考:切手料金表(PDF:12KB)

3.登録喀痰吸引等事業者(認定特定行為事業者)の登録申請等について

「認定特定行為業務従事者」の認定を受けた介護職員が、施設や事業所でたんの吸引等の行為を行うためには、施設や事業所が「登録特定行為事業者」の登録を行ってください。登録特定行為事業者の内容について、更新・変更等がある場合も、更新・変更手続きを行ってください。
また、平成28年度以降において、「介護福祉士」がたんの吸引等の行為を行うためには、施設や事業所が「登録喀痰吸引等事業者」の登録をしている必要があります。

訪問介護(介護保険サービス)と居宅介護(障害福祉サービス)を一体的に実施する事業者が、両サービスでたんの吸引等を行う場合、県の介護保険課・障害福祉課の両課で事業者登録が必要です

必ずチェックリストにより提出書類を十分確認のうえ、書類をご準備ください。

  • 提出書類チェックリスト:申請に必要な書類を確認してください。(提出する際に、一番上に添付してください)
  • 登録適合書類チェックリスト:「記載すべき内容」が、業務方法書や添付書類等に記載されているかを確認してください。

※資格証の添付について:喀痰吸引等の業務に従事する介護福祉士においては、介護福祉士登録証(喀痰吸引等行為が付記されているもの)、認定特定行為業務従事者については認定特定行為業務従事者認定証の写し、また看護師等の資格をもって喀痰吸引等業務を行う者については免許証の写しを添付してください。

区分 内容 様式

新規登録

(登録特定行為事業者)

認定証の交付を受けた経過的措置対象者等を配置し、たんの吸引等の行為を行おうとする場合

※資格証の添付が必要です。

新規登録

(登録喀痰吸引等事業者)

認定証の交付を受けた介護福祉士を配置し、たんの吸引等の行為を行おうとする場合

 

 

実地研修の実施について(ワード:43KB)

(こちらは必ずご確認ください)

 

 

 

 

 

 

 

※資格証の添付が必要です。

 

○登録適合書類、実地研修実施体制に関する参考様式

※これはあくまでも参考様式です。

登録更新

実施する行為(たんの吸引、経管栄養)を追加したい場合

変更登録

登録を受けた下記の内容に変更を生じた場合

  • 代表者の氏名・住所
  • 事業所の名称・所在地
  • 法人の寄附行為又は定款
  • 業務方法書
  • 喀痰吸引等を行う従事者の名簿
  • 喀痰吸引等の実施に係る備品一覧
  • 実地研修責任者の氏名

(注意)変更届は1年を三期に分けて受け付けます。

(受付期間と変更期間)

ア  1月1日~1月31日

(9月1日~12月31日変更分)

イ  5月1日~5月31日

(1月1日~4月30日変更分)

ウ  9月1日~9月30日

(5月1日~8月31日変更分)

登録辞退 登録を辞退する場合

4.申請先

〒650-8567(住所記載不要)

高齢者施設・高齢者居宅介護関係申請先:介護保険課介護基盤整備班

居宅介護、重度訪問介護関係申請先:障害福祉課障害政策班

障害者児入所施設、生活介護、障害児通所支援、特別支援学校関係申請先:障害者支援課施設整備・就労対策班

5.たんの吸引等にかかる登録研修機関について

登録研修機関(兵庫県看護協会は除く)が実施する研修については、直接登録機関事務局までお問い合わせください。

たんの吸引等にかかる登録研修機関一覧

6.認定特定行為業務従事者・登録喀痰吸引事業者に関するQ&A

認定特定行為業務従事者・登録喀痰吸引事業者に関するQ&A(PDF:101KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局介護保険課

電話:078-341-7711

内線:2733

FAX:078-362-9470

Eメール:kaigohoken@pref.hyogo.lg.jp

部署名:健康福祉部障害福祉局障害者支援課

電話:078-341-7711

内線:3035

FAX:078-362-9040

Eメール:shogaishashien@pref.hyogo.lg.jp

部署名:健康福祉部障害福祉局障害福祉課

電話:078-341-7711

内線:2970

FAX:078-362-3911

Eメール:shougaika@pref.hyogo.lg.jp