ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 交通安全 > 自動車運転代行業者のみなさまへ

ここから本文です。

更新日:2018年11月14日

自動車運転代行業者のみなさまへ

随伴用自動車の損害賠償措置が義務化されました

自動車運転代行業務の適正化に関する法律(以下、「法」と言う)第13条第4項において定める「標準自動車運転代行業約款」が、平成28年4月15日付で改正され、平成28年10月1日より施行されました。
改正に伴い、随伴用自動車に損害賠償措置を講ずること(任意保険等に加入すること)が義務づけられました

自動車運転代行業者のみなさまにおかれましては、適切な措置を講じるようにしてください。

標準自動車運転代行業約款(PDF:86KB)

注意点

  • 対人賠償8,000万円以上、対物賠償200万円以上を限度額とする損害賠償措置を講じてください。
  • 損害賠償措置はすべての随伴用自動車に対して行ってください。
  • 代行運転中の事故補償を受けるために、車の使用目的を業務用として契約すること年齢等の不担保条件に留意してください。

随伴用自動車の適正な表示の実施について

「自動車運転代行業者が締結すべき損害賠償責任保険契約等の補償限度額及び随伴用自動車の表示事項等の表示方法等を定める告示(平成十四年国土交通省告示第四百二十一号)」が、平成28年4月15日付けで改正され、平成28年10月1日から施行されました。

改正に伴い、随伴用自動車に表示する文字の大きさ及び表示方法等に関する規定が明確化されておりますので、以下に留意して適切な措置を講じるようにしてください。

注意点

  • 表示項目は、「自動車運転代行業者の名称又は記号」、「認定を行った都道府県公安委員会名及び認定番号」、「代行」、「随伴用自動車」の文字をすべて表示してください。
  • 文字の大きさは原則同じで、縦横5センチメートル以上としてください。
  • 車両の両側面に表示してください。
  • ペンキ等による横書きとしてください(原則、着脱を容易に行えるマグネット等による表示は認められません)。

ペンキ等に

含まれるもの

ペンキ、カッティングシート、切り文字フィルム、マーキングフィルム、ステッカー

ペンキ等に

含まれないもの

ガムテープ等による貼り付け、マグネット板(接着したものを含む)

  • 表示灯を装着する場合(装着は任意)は、「代行」の文字を見やすく表示する必要があり、他の文字と併記する場合は「代行」の文字を当該他の文字以上の大きさにする必要があります。

利用者への説明義務について

法第15条により、自動者運転代行業者が利用者に代行運転役務を提供する際は、利用料金や随伴用自動車には乗車できないこと等について事前に説明を行うことが義務づけられています。
説明を行うことで、利用者が安心して役務提供を受けることができるほか、説明不足による利用者とのトラブルの防止にも繋がります。
自動車運転代行業者のみなさまにおかれましては以下に留意して適切に講じていただきますようお願いします。

注意点

説明は原則、口頭で行うとともに説明書面を交付なければなりません。

以下の項目を説明してください。

  1. 自動車運転代行業者の氏名又は運転代行業従事者の氏名
  2. 営業所に提示している料金
  3. タクシー類似行為(随伴用自動車に乗車させること)ができないこと
  4. 営業所に提示している約款の内容(少なくとも以下の項目)
  • 料金の収受又は払い戻しに関する事項
  • 代行運転役務の提供に関する事項
  • 代行運転役務の提供の始期及び終期
  • 免責に関する事項
  • 損害賠償に関する事項

説明書面は以下の作成例を参考に各事業者で作成してください。そのままご使用いただいても構いません。

役務提供の条件の説明書面(ワード:23KB)

役務提供の条件の説明書面(作成例)(PDF:67KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局交通安全室

電話:078-362-9071

FAX:078-362-4465

Eメール:kotsuanzen@pref.hyogo.lg.jp