ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 建設業 > 建設業若年者入職促進・人材育成事業補助金

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

建設業若年者入職促進・人材育成事業補助金

将来を担う若年入職者の確保や若い世代への技術継承に向けた取組に要する経費に対して補助することにより、建設企業の活力の再生や建設業若年従事者の就業機会の確保につなげ、建設産業の持続的な発展を図る。

建設企業向け

  1. 補助対象者 : 建設業を営む中小企業者(※)または当該中小企業者が代表となる協力会社との共同体
    ※兵庫県内に本店を有し、2019年4月1日時点で建設業法第3条に基づく許可の取得が5年を超えている者
  2. 補助対象期間 : 2019年4月1日~2020年3月31日まで
  3. 補助金額の上限 : 50万円(1企業あたり1名まで)
  4. 補助率 : 補助対象経費の1/2以内
  5. 補助対象事業

    事業の区分

    事業の内容・要件

    定時制高校生等入職促進事業

    定時制高校生・通信制高校生を含む若年未就業者を期間雇用し、働きながら技能を習得するための訓練を実施する事業

    要件

    事業対象者:定時制・通信制高等学校の1~3年生(※)及び2019年4月1日時点で満29歳以下の未就業者(※4年制に在籍する場合は1~4年生)

    雇用期間:2019年4月1日から3ヶ月以上1年以内(概ね3日、1日当り4時間以上の勤務)※正規雇用者は対象外

    募集期間 : 2019年4月1日から随時

    ※なお、兵庫県が実施する建設業育成魅力アップ協議会事業への協力を依頼する場合があります。(1日程度)

  6. 補助対象経費 : 賃金(通勤手当を含む)、社会保険料(事業主負担分)
  7. 帳簿等の整理 : 補助事業に係る収入及び支出の状況を明らかにした帳簿、証拠書類を整理し、補助事業が完了した翌年度から5年間の保存が必要

建設業者団体等向け

  1. 補助対象者 : 以下のいずれかの団体
    ア 兵庫県建設産業団体連合会及び兵庫県建設産業団体連合会の会員団体
    イ 建設業法第27条の37に規定する建設業者団体
  2. 補助対象期間 : 2019年4月1日~2020年3月31日まで
  3. 補助率 : 補助対象経費の1/2以内
    ※事業計画承認日が補助対象期間の始期
    ※経費の支払いは、2020年3月31日までに完了することが必要
  4. 補助対象事業

    事業の区分

    事業の内容・要件

    工業高校生資格取得支援講習会事業

    県内工業高校生を対象に、建設業への入職促進に繋がる資格取得支援講習会を開催する事業

    • 要件
      事業対象者:県内工業高校に在籍する高校生
      申請時期 :事業着手まで

    小中学生等向け建設業体験会事業

    小中学生等にものづくり体験の魅力を伝承するため小型建設機械等を使用した体験イベントの開催や体験イベントへ参加する事業

    • 要件
      事業対象者:県内小中学校、高校に在籍する学生
      申請時期 :事業着手まで
  5. 補助対象経費

    事業区分

    補助対象経費

    工業高校生資格取得支援講習会事業

    講師謝金、講師旅費、会場使用料、委託料

    小中学生等向け建設業体験会事業

    講師謝金、講師旅費、会場使用料、建設機械使用料、建設機

    械運搬費、バス借上料、その他助成することが必要と認められる経費

  6. 帳簿等の整理 : 補助事業に係る収入及び支出の状況を明らかにした帳簿、証拠書類を整理し、補助事業が完了した翌年度から5年間の保存が必要

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局建設業室

電話:078-362-9249

FAX:078-362-3840

Eメール:kensetsugyo@pref.hyogo.lg.jp