ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 工事業務のIT化推進 > 建設CALS/ECとは

ここから本文です。

更新日:2014年11月10日

建設CALS/ECとは

情報の電子化、通信ネットワーク技術の活用により公共事業の効率化を実現

「建設CALS/EC*1」とは、調査・計画から設計、施工、維持管理に至る公共事業の各プロセスで作成される書類、図面、写真等のデータを電子化し、通信ネットワーク技術の活用により、関係者間で効率的に情報を交換・共有・連携できる環境を創出する取組み全般を指します。
これにより、公共事業の効率化を図り、建設コストの削減、生産性の向上、品質の向上及び透明性の確保を目指します。

兵庫情報ハイウェイイメージ図

建設CALS/ECイメージ図

 

*1 建設CALS/EC(Continuous Acquisition and Life-cycle Support/Electronic Commerce)
公共事業支援統合情報システム。建設事業のライフサイクル全般にわたる各種情報を一定の基準に基づき電子化することにより、通信ネットワークを介して交換及び共有し、コストの削減、生産性の向上等を図ろうとする活動であり概念である。電子商取引を表すECとあわせて「キャルスイーシー」と呼ばれている。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局契約管理課

電話:078-362-4241

FAX:078-362-3333

Eメール:keiyakukanri@pref.hyogo.lg.jp