ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 工事業務のIT化推進 > 電子納品

ここから本文です。

更新日:2018年10月9日

電子納品

電子納品とは、調査・設計・工事など各プロセスの最終成果物(報告書、図面、写真等)を電子データの形で納品することです。

兵庫県では、国土交通省が定めた電子納品に関する各種要領・基準に準拠するとともに、本県が定めた運用指針も補足適用することにより、調査・設計業務や工事完成図書の電子化を進めていきます。
さらに、納品データの有効活用を図るため、保管管理用サーバを用いて電子ファイルの保管・管理を行い、技術力の向上を図ります。

電子納品のイメージ

電子納品のイメージ

想定される効果

想定される効果

  • 保管スペースの削減
  • 紙ベース資料の削減による省資源化
  • 納品データの再利用による業務の効率化
  • データベース化による検索の効率化、情報の共有化
  • (将来的に)統合型GISとの連携により公物管理の合理化

スケジュール

  • 2002(平成14)年度
    • 「土木設計業務等の電子納品に関する運用指針(案)」の策定
    • 土木設計業務に関する電子納品の試行開始
  • ●2003(平成15)年度
    • 「工事完成図書の電子納品に関する運用指針(案)」の策定
    • 工事完成図書の電子納品の試行開始
    • 保管管理用システムの開発
  • 2004(平成16)年度
    • 工事完成図書の電子納品の試行開始
    • 保管管理用システムの開発
  • ●2005(平成17)年度
    • 本格運用の開始

基準等

  • ●国土交通省各種要領・基準 国土交通省のページへはhttp://www.cals-ed.go.jp/(外部サイトへリンク)まで
    • 土木設計業務等の電子納品要領(案)
    • 工事完成図書の電子納品要領
    • CAD製図基準(案)
    • デジタル写真管理情報基準
    • 地質調査資料整理要領(案)
    • 測量成果電子納品要領(案)
  • ●兵庫県土木設計業務等の電子納品に関する運用指針(案)
    (本文はページ下の「関連資料」からpdfファイルを参照して下さい)
    〔履歴〕
    ・・平成14年11月策定
    ・・平成15年12月改定
    ・・平成18年3月改定
    ・・平成22年10月改訂
    ・・平成25年10月改定
    ・・平成30年10月改訂
     (設計図書の単価適用年月日が平成30年10月以降の土木設計業務等に適用)
  • ●兵庫県工事完成図書の電子納品に関する運用指針(案)
    (本文はページ下の「関連資料」からpdfファイルを参照して下さい)
    〔履歴〕
    ・・平成15年5月策定
    ・・平成18年3月改定
    ・・平成22年10月改訂
    ・・平成25年10月改定
    ・・平成30年10月改訂
    (設計図書の単価適用年月日が平成30年10月以降の工事に適用)

*建築工事、建築設計業務の電子納品についてはhttp://web.pref.hyogo.lg.jp/ks27/wd04_000000011.htmlで確認してください

次へ

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局契約管理課

電話:078-362-4241

FAX:078-362-3333

Eメール:keiyakukanri@pref.hyogo.lg.jp