ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 道路整備 > 山陰近畿自動車道技術検討会について

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

山陰近畿自動車道技術検討会について

山陰近畿自動車道(鳥取豊岡宮津自動車道)は、平成6年に地域高規格道路の計画路線として指定された総延長約120kmの道路です。鳥取県東部、兵庫県但馬、京都府北部の各地方生活圏を連絡するとともに、高規格幹線道路である山陰自動車道、鳥取自動車道、北近畿豊岡自動車道及び京都縦貫自動車道と一体となって、広域ネットワークを形成し、地域の交流・連携の促進と安全・安心の向上を図る重要な道路です。

本県では、未事業化区間である佐津~京都府県境の区間を対象とし、学識者や住民代表、民間団体、行政で構成される『山陰近畿自動車道(佐津~府県境)懇談会』においてとりまとめられた「ルート帯案」を踏まえ、ルート帯を決定しました。

今後、より具体的な道路計画の検討を進めるにあたり、ルート帯における現地の地形・地質特性等から想定される技術的課題を抽出し、設計・施工に対する留意事項や対応方法等を検討するため、『山陰近畿自動車道 技術検討会』を設置しました。

 検討対象

『山陰近畿自動車道 技術検討会』の概要

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局道路企画課

電話:078-362-3566

FAX:078-362-3948

Eメール:dourokikaku@pref.hyogo.lg.jp