ホーム > しごと・産業 > 経営 > 起業 > ふるさと起業・移転促進事業(兵庫県へのUJIターン起業家向け補助金)

ここから本文です。

更新日:2016年9月26日

ふるさと起業・移転促進事業(兵庫県へのUJIターン起業家向け補助金)

新着情報

・平成28年9月26日:平成28年度の募集を10月31日で締め切ります。
・平成28年4月22日:平成28年度の募集についてお知らせします。(受付期間:平成28年4月25日~12月16日)

平成28年度ふるさと起業・移転促進事業の概要

<事業内容>

 県外での職業経験やネットワークを有する優秀な人材の活力を生かし地域経済の活性化を図るため、県外からUJIターンにより兵庫県へ移住し、県内で起業・第二創業を目指すUJIターン起業家等を支援します。

※平成27年度の「ふるさと起業支援事業」から事業名称を変更しております。

<補助内容>

応募対象事業

(1)新たなビジネスプラン開発や新事業展開を行う事業であること

(2)地域経済の活性化に資する事業であること

応募資格 平成27年4月1日から平成29年3月末日までに県外から兵庫県へ住民登録を移し、次のいずれかに該当する代表者(実質的な経営者)で、かつ3年以上県内に居住し続ける意思を有する方

①県内に活動拠点を置いて、平成27年4月1日から平成29年3月末日までに、新たに起業や第二創業をした又はする予定の方

②平成28年4月1日から平成29年3月末日までに県外の事業所(本社)を県内へ移転した又はする予定の方
補助対象経費 事業の立ち上げ及び移住に必要な経費として明確に区分できるもので、かつ証拠書類によって発注、納品、支払等の金額・時期・内容等が確認できる経費(※平成28年4月1日から平成29年3月末日までに物品等の引渡しや役務の提供及び支払いが完了する経費に限る。)

 【起業・事業所移転に係る経費】事務所開設費、初度備品費、専門家経費、広告宣伝費等

 【移住に係る経費】県外からの引越代、移転後の住宅家賃等

補助金額

上限200万円(補助率1/2以内)

 【起業・事業所移転に係る経費】上限100万円(補助率1/2以内)

 【移住に係る経費】上限100万円(補助率1/2以内)

補助対象期間 平成28年4月1日~平成29年3月末日(1年間)

審査方法

応募書類審査及びヒアリング審査により選考(必要に応じて現地調査を実施)
  • 補助金申請事業に対し、国から補助金が交付されている場合は、その補助対象経費を控除して申請してください。

<募集期間>

平成28年4月25日(月曜日)~平成28年10月31日(月曜日)

<募集の問い合わせ・応募先>

(公財)ひょうご産業活性化センター創業推進部新事業課

TEL:078-230-8110/FAX:078-230-8391

http://web.hyogo-iic.ne.jp/kigyo/furusatokigyou(外部サイトへリンク)

(募集要項、申請様式等は、上記ホームページからダウンロードできます。)

(参考)平成27年度の採択結果

平成27年度の採択事業は次のとおりです。

平成27年度採択事業一覧(PDF:144KB)

 

地 域

所在地

事業内容

事業者名

(代表者名)

神戸

中央区

神戸ファッション美術館で学芸員として勤務した経験と人脈を生かし、ファッション都市神戸をイベント企画等により一層活性化させるため、大阪から神戸へ移住し起業

㈱CAEAN

(百々 徹)

中央区

大阪で地理空間情報を扱ったシステム開発を中心に行ってきたが、公民連携に積極的な神戸市でITを活用した市民協働による、都市問題解決コンサルタント業に取り組む

合同会社Georepublic Japan

(ダニエル カストゥル)

中央区

東京でのパティシエ経験とフランス修行を経て、幼少の頃からの夢である、自分の店を神戸でオープンさせ、チョコレート・洋菓子の製造販売を行う

ショコラティエ        ヤスヒロセノ コウベ

(瀬野 靖大)

中央区

高知県で木製のおもちゃと子供家具の製作を行う会社を設立。今般会社から独立し、兵庫県産木材を利用し安全な木のおもちゃと子供家具を販売する工房・店舗を神戸元町に開設

TOYHOF

(濱田 正志)

中央区

山口県からコーヒー文化の根付く、オーガニック意識も高い神戸に移住、長期滞在したパリでの経験を生かし、“人と人、人と環境を繋ぐ”をテーマにしたオーガニック専門の卸売り販売やイベント出店を展開する移動式カフェを起業

FILCOFFEE ORGANIC GROCERY&CAFE

(永田 順子)

東灘区

奈良県から移住し、定型的な家事代行メニューに加え、無料の事前訪問カウンセリングや、小学生対象の片付けレッスンを実施するなど、地域に密着した柔軟できめ細かな家事代行サービスを提供

家事代行マザープラス

(髙田 奈都子)

阪神南

西宮市

大阪在住時よりゆかりのあった西宮市に、ダンススタジオを開設。ボランティア団体としての活動の斡旋、障害者交流の場をダンスを通じて設けるなど、慈善事業にも取り組む

㈱Keep it Right

(佐藤 樹)

西宮市

大阪から地元の西宮市に移住し、栄養士及び料理教室講師の経験を生かし、離乳食や子供が野菜好きになる料理、パンをお母さんと子どもが一緒にレッスンを受けられる料理教室を開業

Kitchen Chura     (キッチンチュラ)

(木下 麗子)

西宮市

東京から地元へ戻り、IT関連事業の経験を生かしたオフィスでの入力サポートを展開するとともに、阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、帽子型ヘルメット等の災害対策グッズを販売

リチャージ

(那賀 修)

芦屋市

奈良における鍼灸院での経験を生かし、ITベンチャー企業との共同開発によるPOSシステムや統一カルテ等によって情報共有しつつ、多店舗展開をし、往診事業も行う新たな伝統鍼灸治療院を神戸等阪神間にアクセスの良い芦屋で独立開業

鍼風堂

(各務 祐貴)

阪神北

宝塚市

東京の銀座や表参道の美容室で修業し技術を身につけて、宝塚市の武庫川沿いに美容室を開店。30代以上の女性をターゲットに「ノンブローで可愛く美人に」「365日美髪」をテーマにサービスを提供

Ameria(アメリア)

(喜納 健治)

宝塚市

学生時代を過ごした和歌山県から地元の宝塚市に戻り、宝塚歌劇を観劇しに来る女性向けの談話室がある交流型ゲストハウスを開業

ゲストハウスTAKARAYA

(前田 真佑)

伊丹市

17年間の東京でのアパレル経験を生かし、生まれ育った伊丹をファッションで盛り上げるため、おしゃれ男子やパパ、キッズがファッションを楽しめるアパレルショップを開店

GO!DON

(井関 俊博)

東播磨

高砂市

釣り具メーカーに勤務していた茨城県から地元の高砂市に移住し、兵庫県産釣り針の加工販売及びオリジナル釣り道具の企画製造・卸売業を起業

かねは商店㈱

(橋本 祐一郎)

北播磨

三木市

東京でのIT企業勤務で身につけた高度なスキルを生かし、UI(ユーザーインターフェース:アプリ画面等)デザインの請負や、ECサイト構築など、地元の三木市に移住し北播磨の企業のニーズに応じたITサービス事業の創出に取り組む

N’s Creates         (エヌズ クリエイツ)

(中田 和行)

中播磨

姫路市

茨城県の動物病院での豊富な内科、外科手術の経験を生かし、病気以外でも気軽に立ち寄れる、柔軟で地域密着型の動物病院を開設する

たかはまどうぶつ病院

(藤田 盛弘)

姫路市

勤務していたマーケティング調査会社で山梨県から姫路市に赴任し、美容業界の調査を行った経験を生かし、働く女性を『メディカルアロマ』や『よもぎ蒸し』で心身体共に美しくするリラクゼーションサロンを開業

Nataly

(名取 仁美)

姫路市

神奈川の接骨院修行を経て、地元姫路で一時的に痛みを取る一般的な手法とは異なる、痛みの根本的問題である骨盤を矯正し、特殊器具を用いて痛みの再発を抑える治療を行う

ひめじ骨盤整骨院

(山下 陽平)

神河町

大阪での飲食店経営の経験を生かし、特産物の多い兵庫県で自ら足を運び直接仕入れを行うなど食材にこだわり、古民家レストラン・カントリー雑貨店を開店

古民家レストラン&カントリー雑貨STICK              

(三村 早苗)

但馬

豊岡市

大阪での薬店勤務などの経験を生かし、生まれ育った豊岡市でリラクゼーションサロンと薬店、鍼灸院・整骨院を併設した複合店舗を開店

Relaxation salon Relace  聖薫堂薬店

(前田 薫)

丹波

篠山市

大手アパレルセレクトショップに勤務していた大阪から移住し、地元の篠山市古市で、工芸文化や食文化・自然など地域の魅力を伝える観光案内型ライフスタイルショップを開設

Archipelago(アーキペラゴ)

(小菅 庸喜)

篠山市

デザイン会社に勤務していた大阪から地元の篠山市に戻り、篠山を世界へ発信する広告デザインや動画作成を行い、地域活性化に貢献する

デザインスタジオMAX

(松本 将典)

淡路

淡路市

子供のころからよく遊びに連れてきてもらった淡路島に奈良県から移り住み、淡路島の食材を使用した古民家でのカフェと1日1組限定の宿を淡路市生田村で開業

古民家のカフェと宿   「淡(あわ)」

(藤原 由美)

淡路市

東京から淡路島に移り住み、東京に住んでいた頃にファンとなり送ってもらっていた淡路島産の良質な農作物を、安心で安全な食べ物を求める全国の人に届ける通販事業を展開

合同会社リネンクロス

(時友 真里子)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp