ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広報 > こどものひろば > 兵庫(ひょうご)の自然(しぜん) > チスジノリ

ここから本文です。

更新日:2010年8月17日

チスジノリ

植物(しょくぶつ)

チスジノリ

チスジノリ(Thorea okadae) EXランク(ただし2004年からは見られる)

おにぎりに巻くノリと同じ紅藻(こうそう)のなかまで、兵庫県では上郡町(かみごおりちょう)の安室川(やすむろがわ)にだけ生育します。大きいものだと80センチメートルの長さになります。安室川(やすむろがわ)では一時期見られなくなり絶滅(ぜつめつ)が心配されていましたが、2004年1月の調査(ちょうさ)で9年ぶりに発見(はっけん)されました。現在、地元の上郡中学校などがチスジノリの完全復活(かんぜんふっかつ)をめざして川の環境づくりに取り組んでいます。

なぜ減(へ)ったのかな

チスジノリが育つには、川の中に地下からわき出す水(わき水)があることと、適度な水の流れや深さが必要(ひつよう)です。上流にダムがつくられたり、工事で川の流れが変化したりすると、水の流れる量や速さが変わるだけでなく、わき水もなくなることがあります。川の性質(せいしつ)をよく考えないで工事をすると、チスジノリだけでなく、多くの貴重(きちょう)な生きものを失うことになります。

なにができるかな

安室川(やすむろがわ)では、県の上郡土木事務所(かみごおりどぼくじむしょ)が中心となって、チスジノリや他のさまざまな生きものにとって良好(りょうこう)な環境(かんきょう)を取りもどす試(こころ)みがなされています。川の環境を良くするためには、みんなが川のもつ性質(せいしつ)をよく知ることが大切です。たとえば、水温を毎月調べるだけでも、川を知ることにつながり、そのことがチスジノリなど貴重(きちょう)な生きものの保護(ほご)に役立ちます。
参考:安室川自然再生計画(やすむろがわしぜんさいせいけいかく)について

 

兵庫(ひょうご)の自然(しぜん)トップページに戻る

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企画県民部 広聴課

電話:078-362-3022

FAX:078-362-4291

Eメール:kocho@pref.hyogo.lg.jp