閉じる

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

おわりに

キャラクター
特例法制定は、兵庫県議会の力だけでは実現しなかったものと存じます。

このように地元4議会が一丸となり地域住民の声を国会に届け、地域の課題解決のための新しい法律が制定されたというのは、地方分権における記念すべき大きな成果ではないかと考えます。

6400名を超える尊い命が犠牲となった阪神・淡路大震災の記憶や教訓は風化させることなく次の世代に引き継いでいかなければなりません。しかし、我々県議会にとっての震災の傷跡、震災の負の遺産は決して次の世代には引き継いではなりません。

平成30年、県政は150周年を迎えます。この節目にあたり、県政の一翼を担う議会としても、「ずれ」の解消を図ることにより、震災復興に大きな区切りをつけ、地域創生など新しい県政の諸課題に即応できる議会へと前進してまいります。
議員の任期の特例にかかる議案を記名投票により全会一致で可決

お問い合わせ

部署名:兵庫県議会事務局 調査課

電話:078-362-9404

FAX:078-362-9031

Eメール:Gikaitosho@pref.hyogo.lg.jp