ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 河川整備 > 庄下川

ここから本文です。

更新日:2018年12月10日

庄下川

●事業概要

庄下川は尼崎市の中心地を貫流し、尼崎城址を始め、社寺仏閣、史跡、近松公園など歴史文化資源を川沿いに有し市民に親しまれており、鳥洲橋から尾浜大橋の間はこれらの施設をつなぐ遊歩道などが整備され、河川の景観の整備が望まれている区間であります。
この区間は、河川高潮対策事業において、平成6年度に工事を完了し、常時は水門を閉鎖しポンプ排水することで洪水対策を行っていますが、さび色をした鋼矢板護岸が水面上に露出し美観を損ねている状態にあります。庄下川河川緑化事業では、この護岸を植生による緑化を図り、修景しようとするものです。

鳥州歩道橋から見た現況の護岸

鳥州歩道橋から見た緑化後の想定写真

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 西宮土木事務所

電話:0798-39-1541

FAX:0798-34-3097

Eメール:nishinomiyadoboku@pref.hyogo.lg.jp

部署名:阪神南県民センター西宮土木事務所河川砂防課
電話:0798-39-6135
FAX:0798-23-7791