ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 用地分譲 > 住宅用地

ここから本文です。

更新日:2019年9月5日

住宅用地

兵庫県企業庁では、神戸三田国際公園都市において、アメリカの郊外型住宅をモデルにしたカルチャータウン「ワシントン村」、植え込みのある伝統的な住宅様式を生かしたカルチャータウン「兵庫村」、定期借地の魅力と自然との共生をテーマにしているカルチャータウン「学園8丁目」、以上の住宅用地を好評分譲しています。

カルチャータウン

神戸三田国際公園都市・カルチャータウン(外部サイトへリンク)は、三田市域では最も新顔の開発地です。

とは言っても、平成4年の春にまちびらきをして、今年で27年を迎える成熟したニュータウンでもあります。

カルチャータウン

住宅ゾーンは、大きく分けると「兵庫村」(外部サイトへリンク)「ワシントン村」(外部サイトへリンク)「学園8丁目」(外部サイトへリンク)の3つ。

「兵庫村」は、木造建築で和の魅力を備えた日本家屋が軒を連ねる、緑の木立が豊かな街区です。

一方、「ワシントン村」は、兵庫県と姉妹提携を結ぶアメリカ西海岸のワシントン州の住宅工法とスタイル・景観を導入した、映画のワンシーンのような洋風住宅の街区となっています。

「学園8丁目」は、外観的には洋風で広い敷地をもった開放感のある住宅ですが、定期借地権付きですので、少ない資金で購入しやすいのが特徴です。

住宅ゾーンは、このほか、集合・高層住宅街区の「リフォレ」と住宅メーカー主導で分譲を進めている「学園7丁目」の街区で構成されています。

 

兵庫村

ワシントン村

学園8丁目

 

 

東西の幹線道路を挟んで、北隣には学園ゾーンが広がっています。このゾーンにあるのが、総合政策学部と理工学部を擁する関西学院大学神戸三田キャンパスと単位制を採用する・兵庫県立三田祥雲館高校です。

なお、南側の学園7丁目には、三田市立学園小学校があり、教育環境には非常に恵まれた街であることもアピールポイントのひとつです。

 

関西学院大学神戸三田キャンパス

兵庫県立三田祥雲館高校

三田市立学園小学校

 

そして、カルチャータウンのど真ん中に位置するのが、「地区センター」ゾーン。

地区住民の生活利便施設を誘致するゾーンとして、商業施設や交流拠点施設などの配置を想定して設けられていましたが、ここに平成30年6月に商業施設「三田まほろばブレッツァ」がオープンしました。

 

イメージパース(建物)

 

カルチャータウン地区センター商業施設「三田まほろばブレッツァ」には、生鮮食品などの物販とそこで販売される食材を調理して提供するレストランを併設。

「ブレッツァ」はイタリア語で、そよ風です。ここから三田の街に新しい風を吹かせたいという強い思いが込められています。

カルチャータウンのまちづくりを進めてきた兵庫県企業庁では、オリジナルイメージソング「カルチャータウン」、そして、その歌に乗せたプロモーションビデオにより、カルチャータウンの魅力を広く全国に向けて発信しています。

オリジナルイメージソング「カルチャータウン」

南紀白浜アドベンチャーワールドのテーマソングなどで活躍するシンガー・高岡陽子さんが歌う、この街のオリジナルイメージソング「カルチャータウン」がお聴きいただけます。「三田カルチャータウン」(外部サイトへリンク)のPR動画をご覧下さい。

 

街並み

イルミネーション

カルチャータウンイメージアップ広報PRキャンペーンの実施

カルチャータウン地区センター商業施設三田「まほろばブレッツァ」のオープンを見据えて、平成30年3月在阪V局でのテレビスポットCM放映をはじめとする同タウン全体の重点的なイメージアップ広報PRキャンペーンを展開しました。詳細は「イメージアップキャンペーン第2弾」(PDF:67KB)からご覧ください。

カルチャータウン-ワシントン村

ワシントン村街並み

●アメリカ的な生活空間を包み込む個性的な建築デザイン
●クルドサックとロールカーブの道に面して緑のフロントヤード、豊かな植栽が生み出すやさしい街並み
●電線類の地中化による電柱のない景観

 

 

 

カルチャータウン-兵庫村

兵庫村街並み

●和の伝統を尊重する外観
●和みを創る美しい植栽
●恵まれた自然と学び
●電線類の地中化による電柱のない景観

 

兵庫村の住宅用地の詳細はこちら(外部サイトへリンク)

 

 

カルチャータウン-学園8丁目

学園8丁目街並み

●兵庫県企業庁の定期借地権
●約295平方メートル~約346平方メートルの広大な敷地が可能にする夢のある暮らし
●美しく開放感のある景観をつくる無電柱化による街並み
●北の学園ゾーンから南に広がる住宅ゾーン。「兵庫村」「ワシントン村」から続く新しい住宅地

関連メニュー


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企業庁 分譲推進課

電話:078-362-9390

FAX:078-362-4394

Eメール:bunjosuishin@pref.hyogo.lg.jp