ホーム > 県政情報・統計(統計) > 厚生統計 > 人口動態調査 > 人口動態調査(確定数)の概況

ここから本文です。

更新日:2018年11月30日

人口動態調査(確定数)の概況

詳細は保健統計年報1.人口動態統計をご覧ください。

調査の概要

  1. 概要
    我が国の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的とする「人口動態統計」の兵庫県の概況である。
  2. 調査の対象
    人口動態調査は、「戸籍法」及び「死産の届出に関する規程」により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象としているが、本概況では調査の期間に日本(兵庫県に住所を有している)において発生した日本人の事象を客体としている。
  3. 調査の期間
    1月1日~12月31日
  4. 調査の方法等
    市区町村長は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の届出等に基づいて人口動態調査票を作成、これを保健所長、都道府県知事を経由し、厚生労働大臣に送付する。
  5. 資料の作成
    集計は厚生労働省政策統括官(統計・情報政策、政策評価担当)で行い、兵庫県において、入手しているデータを基に取りまとめた。

利用上の注意

  1. 用語の説明
    • 自然増減とは、出生数から死亡数を減じたもの
    • 乳児死亡とは、生後1年未満の死亡
    • 新生児死亡とは、生後4週未満の死亡
    • 早期新生児死亡とは、生後1週未満の死亡
    • 死産とは、妊娠満12週以後の死児の出産
    • 周産期死亡とは、妊娠満22週以後の死産に早期新生児死亡を加えたもの
  2. 市区町の分類は、出生は子の住所、死亡は死亡者の住所、死産は母の住所、婚姻は夫の住所、離婚は別居する前の住所による。
  3. 表章記号の規約
    計数のない場合「-」
    統計項目のありえない場合「・」

データ一覧

保健統計年報

保健統計年報

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局情報事務センター

電話:078-362-3177

FAX:078-362-4428

Eメール:k_jimucenter@pref.hyogo.lg.jp