ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広聴 > 広聴活動 > 平成29年度 第2回県民モニターアンケート調査結果

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

平成29年度 第2回県民モニターアンケート調査結果

平成29年度第2回県民モニターアンケート調査「兵庫県の広報活動」の調査結果を掲載しています。

調査概要

(1)調査テーマ:「兵庫県の広報活動」
(2)調査対象者:県民モニター2,366名(平成29年7月3日時点での登録者)
(3)調査期間:平成29年6月20日(火曜日)~7月4日(火曜日)[15日間]
(4)調査方法:インターネットを利用し県ホームページ上のアンケートフォームに入力
(5)回答者数:1,752名(回答率74.0%)

調査結果の概要

 

項目 結果概要
県民だよりひょうご

【読んでいるか】
「ほぼ毎号読んでいる(53.1%)」と「ときどき読んでいる(37.2%)」を合わせた90.2%の人が読んでいる。 

【読んでいるコーナー】

「イベントや体験プログラム、文化施設の展覧会のお知らせ(77.1%)」が最も多く、続いて「セミナーや募集情報などの暮らしに役立つ情報の紹介(60.7%)」、「県立施設や特産食材等の紹介(59.8%)」となった。

県民情報番組
「ひょうごワイワイ」

【見ているか】
「ほぼ毎回見ている(2.3%)」と「ときどき見ることがある(20.1%)」を合わせた22.4%の人が見ている。 

【好きなコーナー】

「地域の特産品の紹介(56.2%)」が最も多く、続いて「市町の話題の紹介(54.2%)」、「はばタンが地域の施設や文化等を紹介(44.5%)」となった。

知事対談番組
「日曜さわやかトーク」

【見ているか】
「ほぼ毎回見ている(1.1%)」と「ときどき見ることがある(14.7%)」を合わせた15.8%の人が見ている。

県ホームページで知りたい情報 「イベント情報(84.3%)」が最も多く、続いて「観光情報(65.5%)」、「困ったときの相談先(37.5%)」となった。
SNSの利用

日常よく利用するSNSは、「LINE(49.6%)」が最も多く、続いて「Facebook(33.8%)」、「Twitter(15.8%)」となった。

また、「SNSを利用しない」は、50代以下では22.0%、60代以上では46.5%、全体では33.5%となった。

兵庫県のSNSの認知度 「兵庫県のSNSを知らない(76.9%)」が最も多く、続いて「Facebook『はばタンナビ』(15.4%)」、「LINE『はばタン』(7.4%)」、「Twitter『311from117hyogo』(5.3%)」となった。
兵庫県のイメージ 「太平洋、瀬戸内海から日本海まで県土が広い(31.3%)」が最も多く、続いて「大都市から自然豊かな地域まで多彩な地域がある(22.4%)」となった。

 

 

(注)調査は、公募によってモニターになっていただいた方々に対して、兵庫県政に関する特定のテーマについてアンケートを行ったものです。無作為で抽出した方を対象とした統計調査ではありません。

(注)詳細な結果については、下部の関連資料をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部政策調整局広聴課

電話:078-362-3022

FAX:078-362-4291

Eメール:kocho@pref.hyogo.lg.jp