兵庫県/ひょうごの景観ビューポイント150選(神戸)

ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 景観形成 > ひょうごの景観ビューポイント150選 > ひょうごの景観ビューポイント150選(神戸)

ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

ひょうごの景観ビューポイント150選(神戸)

県政150周年記念事業ロゴマーク

ご応募いただいたビューポイント一覧

神戸港入港直前のジャンボフェリー甲板から見る薄暮の神戸港のウォーターフロントの景観

百万ドルの夜景になる前の空と山と市街地と海の4層で構成された景観。
空と海に挟まれて広がる市街地の空間構成を感じることのできる景観。

神戸港のレストラン船「コンチェルト」のデッキから見るライトアップされた明石海峡大橋

今年20周年を迎えた世界最長の吊橋、明石海峡大橋は今や兵庫県の一つの象徴とも言える。夜の海に浮かぶその幻想的な姿は、まさに光の芸術であろう。

 

ポートアイランド北公園から見る夕焼け

神戸で1番夕焼けが綺麗に見える場所だと思います!

ポートアイランド北公園から見る神戸大橋の夜景

神戸大橋の夜景がきれいに見えるとこです。

布引の滝から見る滝の瀑布

雨の次の日は勢いがすごいです。

モザイクから見るホテルオークラと神戸ポートタワー

神戸の街並み、海、豪華客船やいろんな船を見ることのできるスポット。

撮影:工藤 のりこ

 

ポートアイランドから見る明石海峡に沈む夕日

2月と10月頃限定になりますが、明石海峡に沈む夕陽が見れます。条件が揃えば、だるま夕陽になります。

撮影:正中 亮

 

ポートアイランドしおさい公園から見る海側から見た神戸

「The KOBE」とも言える、神戸らしい景色、夜間に点灯する錨と市章も綺麗に見えます。また中型までのクルーズ客船等の入出港の様子もよく見えます。

撮影:正中 亮

 

ホテルオークラ神戸から見る港の夜景

窓から見える夜景はまさに額縁の中の写真でした。

神戸市西区神出町 雌岡山 神出神社から見る田園風景

子午線東経135度がとおる神出神社よりの景観で手前は黒米との田園絵画そして向こうには明石海峡大橋が見えます。

撮影:北野 勝彦

 

摩耶山掬星台から見る澄んだ空気感

神戸市内が一望でき眺め最高です。

撮影:松本 和文

 

神戸市須磨浦公園山上遊園から見る須磨方面の桜風景

電車がおもちゃのように見れて面白いです。特に桜の時は最高です。

撮影:松本 和文

 

神戸市須磨浦山上遊園から見る明石海峡大橋

ここからの明石海峡大橋はよく見えます。

撮影:松本 和文

 

神戸市須磨アルプスから見る須磨アルプスの景観

須磨アルプスはスリル満点の迫力です。

撮影:松本 和文

 

神戸市須磨区 馬の背から見る六甲山系の風化花崗岩が露出した風景

六甲山が風化花崗岩でできた地塁であることが実感できる景観。

舞子公園 橋の科学館から見る夕日

空と雲と海と夕日、それらを眺める人の影。コントラストが綺麗でした。心地よい潮風と波の音に、癒されました。

撮影:山口 忍

神戸市中央区のカワサキワールドから見るポートタワー

いつもその場所にあり、夜には日によってライトアップが違うのでいつ行っても楽しめる。

撮影:山下 静香

 

南京町から見る赤提灯

赤いランタンに彩られた南京町。400個超のちょうちんの明かりが街を包みます。

撮影:山下 静香

南別府の新末田橋から見る川端風景

発見!伊川の川沿いを辿って行くと、こんなところにナイスビュー!忙しい毎日を過ごす中、ほっと一休み。美しい草花や川のせせらぎに、身も心も癒されます。

 

神戸市中央区元町通 南京町広場付近から見る神戸南京町の賑やかなまちなみ

県内にあって日常生活とは異なる賑やかで外国にいるような景観。

神戸市中央区 メリケンパークから見る海や空に映える鉄骨構造物

空や海を背景として特徴的で象徴的な鉄骨構造物がそびえる景観。

神戸市山陽電車滝の茶屋駅から見るキラキラした海の風景

この滝の茶屋駅は高台なので紀淡海峡も見える絶景ポイントです。

撮影:松本 和文

神戸市中央区 県道30号線布引橋から見る街を分断してまっすぐに海に向かって伸びる生田川

治水上の理由により開渠として整備された生田川の存在により、市街地内にあって開放的な空間が感じられる景観。

 

六甲枝垂れから見る夕焼け

9月から六甲ミーツ・アートがまた始まります。楽しみですね!

撮影:大橋 俊介

ハーバーランドから見る観覧車とポートタワー、ホテルオークラ

神戸らしい場所が、少し違って見えるところ。

撮影:木下 武彦

王子動物園の猿舎2階から見る満開の桜

王子動物園は桜の名所ですが、猿舎の2階では1階から大きく延びた桜が顔を出して目の前で満開の桜を観られます。

撮影:冬月 綾子

大丸神戸店から見る回廊でカフェを楽しむ人々

美しい回廊でカフェを飲みながら、行き交う人々を観察。ヨーロッパの雰囲気漂う町並みを見ながら、テラスでカフェが飲めるのはここだけ。

撮影:森安 晃久

 

諏訪山公園から見た神戸港春望

神戸港を航行する船とポートタワーを桜を入れて遠望できる唯一の場所であること。木々の間から望む隠れスポット。

撮影:古宮 威志

兵庫県立舞子公園から見た明石海峡を行き交う船と沈む夕陽

10月頃に沈む夕陽は明石海峡大橋や行き交う船とも重なり合う絶好の夕陽スポットで見る時間帯によっては橋の上下で空の色が青からオレンジに変わる眺めも楽しめます。

 

桜トンネル南から見た桜

兵庫の桜のトンネルといえばここ!

撮影:大橋 俊介

舞子公園から見た明石海峡大橋

明石海峡大橋が間近で見られます。オブジェを通して見る明石海峡大橋が面白いと思いました。

 

神戸市須磨区 須磨離宮公園から見る噴水

立派な噴水、手入れされた庭(ちょうど薔薇の花が見頃でした)が美しいです。

kob033

保久良神社から見る東部第1~第4工区や六甲アイランドの埋立地の向こうに大阪湾

金鳥山の中腹にある保久良神社にいたる参道からの眺望景観で、東部第1~第4工区や六甲アイランドの埋立地の向こうに大阪湾が広がる景色が見えかくれします。神社前の視点場脇にはかつての灯台(石灯篭)があります。

 

掬星台から見るハーバーランドから東側の阪神間及び大阪方面の市街地、臨海部、大阪湾

摩耶ロープウェイ星の駅横の掬星台からの眺望景観で、ハーバーランドから東側の阪神間及び大阪方面の市街地、臨海部、大阪湾を一望できます。また掬星台は、神戸を代表する夜景のビューポイントにもなっています。

ポーアイしおさい公園から見る山並みを背景とした都心部の高層ビル群、ポートタワーや市章山・錨山、ドック・クレーンなど港の風景

山並みを背景とした都心部の高層ビル群、ポートタワーや市章山・錨山など神戸を代表するシンボル、また、ドック・クレーンなど港の風景を一望することができ、港町神戸を感じることができるビューポイントです。ポーアイしおさい公園からの夜景は、「神戸都心夜景10選」にも選ばれています。

 

ヴィーナステラスから見る六甲アイランドから須磨にいたる市街地や港、大阪湾

都心部、海までの距離が近く、六甲アイランドから須磨にいたる市街地や港、大阪湾を一望することができます。よく晴れた日には紀伊半島までも見晴らすことができ、まさに神戸を代表するビューポイントです。また夜には、眼下に広がる建物の灯りや、メリケンパーク、ハーバーランド、東西に広がる神戸の市街地を見渡すことができます。

会下山公園から見る神戸ハーバーランドから兵庫キャナルタウンにかけての市街地

丘陵地形の公園内からの眺望景観で、園路やグラウンドなど各所において神戸ハーバーランドから兵庫キャナルタウンにかけての市街地を望むことができます。

光山寺から見る棚田、入母屋伝統家屋を有する農村風景、藤原台住宅団地、フルーツフラワーパーク

手前に棚田が広がり、統一感のある谷あいの入母屋伝統家屋を有する農村風景と、遠景に見える藤原台の住宅団地やフルーツフラワーパークの景観が、コントラストを生み出しています。

 

高取山から見る長田以東の市街地及び大阪湾

高取山の頂上からの眺望景観で、途中の茶店や広場からも長田以東の市街地及び大阪湾を望むことができます。

須磨浦山上遊園回転展望閣から見る須磨海浜公園から大阪方面、塩屋、垂水から明石海峡、淡路島

須磨浦山上遊園回転展望閣(鉢伏山)鉢伏山上の回転展望閣からの眺望景観で、北側の山頂部を除いて眺望があり、東は須磨海浜公園から大阪方面、西は塩屋、垂水から明石海峡、淡路島まで見渡せます。

 

アジュール舞子から見る明石海峡大橋、淡路島、大阪湾

舞子公園の松林を背景に、養浜した海水浴場を通して、明石海峡に架かる明石海峡大橋や淡路島から大阪湾を見渡せる雄大な眺望景観となっています。

雌岡山から見る田園風景、西神ニュータウン、雄岡山、明石海峡大橋

雌岡山の山上から西区の田園風景と西神ニュータウンを望む眺望景観で、手前にため池の点在する田園風景、左手に雄岡山、右手奥に明石海峡大橋が見えます。

神戸スカイブリッジから見る神戸港コンテナターミナルのクレーン群

港町神戸を象徴する風景です。

撮影:井田 太郎

神戸スカイブリッジから見る新神戸方面の街並み

ポートアイランドの南端から北端までまっすぐ伸びる片側4車線道路がダイナミックな風景です。

撮影:井田 太郎

 

山陽電鉄須磨寺駅改札から見る構内踏切の風景

山陽電車のこの区間は、路面電車時代の面影が残っています。

撮影:井田 太郎

神戸市中央区新港町の第一突堤から見る夕暮れ時のメリケンパーク

華やかな夜景に移る前の黄昏時の雰囲気と淡い空の色がとても素敵に思えました。

撮影:藤井 経生

神戸市中央区新港町の第一突堤から見る川崎重工を背景にした遊覧船

にょきにょきと腕のように伸びるクレーンの群れ、そこを背景に進む遊覧船、そして朱から群青に変わる空。迫力のある夕焼けだと思いました。

撮影:藤井 経生

 

神戸第3防波堤東灯台辺りから見る神戸市街と六甲山

震災からの復興の証の街並みとその向こうにかすかに見える原田の森。六甲山と新旧神戸の街並みが新緑にはえてとても美しく思えました。

撮影:藤井 経生

ポートアイランド北公園から見るメリケンパーク

「千と千尋の神隠し」で神々が乗る船がこちらに渡ってくる場面がありますが、その際の対岸の風景がこんな感じだったと思いながら撮影しました。

撮影:藤井 経生

 

布引ハーブ園から見る神戸市街と神戸港

同じ視線上に花、人、街、海、空港が入る場所はそうそうないと思います。神戸らしい風景です。

撮影:藤井 経生

kob051

神戸市西区神出町紫合の手中池から見る雌岡山

水争いの元となった雌岡山からの手中流や淡山疎水も蓄え先人の苦労を伝える手中池と、嘗ていなみ野台地の何処からでも眺められ信仰の対象で数々の伝説を持つ雌岡山の佇まい。

撮影:井上 晴喜

 

布引ハーブ園のロープウェイから見る布引の滝と神戸の街

自然の景色と、神戸の街並みを眼下に最高の空中散歩が楽しめます。

 

須磨区旗振山山頂 茶屋付近から見る夏の須磨海岸俯瞰風景

JR須磨駅を出発する列車と海水浴客で賑わう須磨海岸を望遠レンズを駆使して撮影してみました。

 

五色塚古墳の後円部墳頂から見る淡路島と明石海峡

兵庫県最大規模の古墳で、形状は前方後円墳。

旧湊川トンネルから見る湊川隧道

新湊川トンネルの完成で役目を終えた湊川隧道は貴重な「土木遺産」として保存され、毎月第3土曜日に内部公開、毎年1回「土木の日」には通り抜けが出来ます。

神戸市垂水区の舞子公園から見る明石海峡大橋のライトアップ

世界最大の吊り橋として本州と淡路島を繋ぎ、多くの笑顔を作り続けている大切な存在。そんな偉大な橋がライトアップによってより魅力的に輝いている。

撮影:黒川 祐基

 

神戸メリケン波止場から見るポートタワーと海洋博物館

夜のメリケン波止場の風景は、見る人を圧倒するほど美しい。

撮影:中山 博司

千苅ダム下流側から見る千苅堰堤

日本の近代土木遺産。現存するものとしては日本最古の17門スライドゲート。放流されている様子はとても美しいです。

アジュール舞子近くの浜辺から見る夕日と明石海峡大橋

垂水のアウトレットからほど近い浜辺から綺麗な夕日と明石海峡大橋が見えます。買い物帰り、この景色を見るのが楽しみになっています。

撮影:三宅 健斗

 

岡本梅林公園から見る港

この場所は梅の花が有名ですが、高い場所にあるので、港までの景色も素晴らしいです。

撮影:三宅 健斗

神戸の港から見るモザイク

モザイクを外側から見るには一番のビューポイントだと思います。

撮影:三宅 健斗

 

神戸市西区 伊川谷小学校近くから見た桜咲くころの伊川沿い

西区伊川谷町の伊川沿いは春になると桜が咲き乱れて見応えあるように思います。

神戸市兵庫区御崎本町 道路橋の歩道から見る兵庫新川運河とJR和田岬線風景

運河に架かる橋から見た和田岬線風景。工場地帯の雰囲気も感じられる、神戸の裏スポット的な光景でしょうか?

 

回転展望閣横の観光リフト乗場附近から見る桜が満開の須磨山上遊園

区内・市内でも有数の桜の名所で、毎年この時期は観光客で賑わいます。旧国境にリフトが横断していて、駅名の『せっつ』と『はりま』はそこから名付けられています。

撮影:須磨観光協会

 

神戸市役所新館展望スペースから見るポートターミナル~ポートアイランドの風景

大型船が停泊するポートターミナルから神戸大橋、その向こうに見えるポートアイランドを撮影。この時は海の向こうの泉州の山並みも見ることできました。

神戸市西区櫨谷町 如意寺から見る三重塔のある寺社の風景

西神南ニュータウンに程近い山間の中にひっそりと建つ三重塔を持つ如意寺、歴史があるにも関わらず知名度低いので穴場スポットかと思います。

メリケンパークの波止場から見る2つのポートタワー

メリケンパークの港で、雨の降った日にしか見ることのできない、地面に反射したポートタワー。雨の日に偶然見かけた景色ですが、おすすめです。

撮影:三宅 健斗

 

大丸神戸店 旧居留地周辺から見る冬の並木道ライトアップ

夏のさわやかな並木道とはガラリと表情が変わり、無数のやわらかな光が、まるでヨーロッパの街を歩いているかのような気持ちにさせてくれます。

クルーズ船 神戸コンチェルトから見る工場夜景

陸上からはでは、決して見ることのできない風景です。工場群の影が夕焼けに浮かび上がり、幻想的な雰囲気を漂わせます。間近で見ると、迫力そのものです。

須磨海岸から見る5本のやしの木と明石海峡大橋

海岸の東端近くに5本だけひょっこり生えているヤシの木です。南国を思わせる景色の先には、小さく明石海峡大橋も臨めます。

兵庫区切戸町 キャナルプロムナードから見る新川運河(兵庫運河)

この地は兵庫県庁跡でこの度北前船日本遺産に認定された地域です。都市部近くにありながら運河の情景は、なぜかほっとするレトロモダンな空間に歴史を感じさせます。

撮影:よみがえる兵庫津連絡協議会

 

須磨山上遊園から見る桜と明石海峡

明石海峡をバックに桜を撮れる絶景スポットです。鉢伏山は六甲縦走のコースでもあり、神戸港から明石海峡までパノラマ展望できる人気のルートです。

撮影:古宮 威志

須磨山上遊園から見る梅林と明石海峡

3月、鉢伏山山頂の遊園地北側斜面から西側展望台まで梅が咲き誇ります。特に圧巻なのが展望台から明石海峡をバックに見る梅林です。

撮影:古宮 威志

 

兵庫運河から見る光の運河、いのり星

神戸開港150年記念イベント『兵庫津 光の運河』。水に触れると点灯するプラスティック製のボールを船から放流して運河を『天の川』に。

六甲見晴らしのテラスから見るテラスの石段と大阪湾をめぐる神戸から大阪の夜景

夜景を楽しむために抑えられた照明なので、眼下に広がる大都市のキラメキを心地よく眺めていられる。また、曲線を描く大阪湾が都市夜景を美しくシェイプアップしている。

撮影:中島 久宜

 

六甲見晴らしの塔から見る見晴らしのテラスと大阪湾をめぐる神戸から大阪の夜景

夜景を楽しむために抑えられた照明なので、眼下に広がる大都市のキラメキを心地よく眺めていられる。また、曲線を描く大阪湾が都市夜景を美しくシェイプアップしている。

撮影:中島 久宜

 

舞子公園から見る明石海峡大橋

この辺りには、霞ヶ丘や朝霧のいう地名もあり、よく霧が発生します。夜霧の中に消えてゆくライトアップされた明石海峡大橋が幻想的です。

撮影:岩田 隆宏

舞子公園から見る明石海峡大橋越しに見る夕日

とにかく明石海峡大橋は美しい!夕日に船が映えとてもロマンチックな時間を過ごせました。

撮影:伊藤 謙介

須磨海浜水族園3階ふれあい遊園から見るアシカとのふれあいと明石海峡大橋のコラボレーション

スマスイからは須磨海岸と明石海峡大橋が一望できます。その景色を動物とのふれあいを楽しみながら見ることができるのはスマスイだけ!

撮影:神戸市立須磨海浜水族園

 

須磨海岸から見るスマスイの三角屋根と明石海峡大橋

海・山・橋・夕日・スマスイ・・・贅沢な景観がより華やかになるのはマジックアワー。

撮影:神戸市立須磨海浜水族園

滝の茶屋から見る海

曇っていますが、朝日が眩しかったので撮影しました。

撮影:奥 麻奈美

南京町広場から見る南京町広場のあずまや

南京町の夜の姿。人の賑わいは少ない時間ですが、ライトアップされていて、きれいでした。

撮影:林 一志

五色塚古墳から見る古墳の埴輪と明石海峡大橋

流行りのひょっこり??過去と現在の融合。埴輪と明石海峡大橋というなかなか出来ない組み合わせでは?歴史の勉強も出来て、景色もきれい!!

撮影:林 一志

 

神戸市須磨区 神戸総合運動公園コスモスの丘付近から見る園内の花と緑

広大な公園内で四季を通じて楽しむことのできるよく手入れされた花壇のお花や樹木群により構成された景観。

umieモザイクから見るポートタワーとカワサキワールド

神戸といえばポートタワー。夜はライトアップされたポートタワーが見れます。毎日きれいです。

撮影:林 一志

神戸市役所展望ロビーから見る神戸港

六甲山から見る神戸の夜景とよく言われますが、神戸市役所展望ロビーも意外と夜景が見えます。あえてボケを利かし幻想的な感じに仕上げました。

撮影:林 一志

 

メリケンパークから見るBE KOBE

神戸の新名所!波の音を聴きながら、港の夜景を眺めるのは、落ち着きますね。

諏訪山公園前道路から見る諏訪山山麓の洋館群

山麓に点在する洋館、丸窓の家・透かし手すり壁の家、旧岡崎邸、緑のとんがり帽子の家など明治期はレジャースポットだった諏訪山公園を思い起こさせる。

撮影:芝崎 康子

アジュール舞子海水浴場から見る明石海峡大橋

毎時0分時ころになると、ライトアップが虹色に変わる。

撮影:上田 仁子

兵庫県神戸市中央区の三井住友銀行神戸本部ビル横の路上から見る大きな銀色の丸いオブジェ

周りの人や建物を反射しているので、撮る人や角度、時間帯によって様々な写真を撮る事ができる魅力があるからです。

撮影:北垣 芳乃

 

須磨海浜水族園のイルカライブから見るイルカとヒカリの共演

イルカとトレーナーの息の合ったパフォーマンスに光が華を添える。そんなイルカナイトライブが楽しめるのはスマスイだけ。

撮影:神戸市立須磨海浜水族園

須磨海浜水族園エントランスホールから見る波の大水槽

1歩スマスイに足を踏み入れると広がるのは、横幅約25メートルの波の大水槽。約70種700尾もの生きものが泳ぎ回る姿を見られるのはスマスイだけ!

撮影:神戸市立須磨海浜水族園

 

神戸市垂水区舞子公園から見る明石海峡大橋夕景

海面の光を受ける明石海峡大橋。とてもきれいでした。

撮影:上原 武

 

北野天満宮の境内から見る異人館街風見鶏の館とみなとまち神戸
異国情緒あふれる、みなとまち神戸の象徴となる風見鶏の館やポートタワーなどを一望できます。

 

 
 
 

 

 
 
 

ご応募いただいたビューポイントは、ツイッターとインスタグラムからもご覧いただけます。

ツイッター(外部サイトへリンク)インスタグラム(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局景観形成室

電話:078-362-9299

FAX:078-362-9487

Eメール:keikankesei@pref.hyogo.lg.jp