ホーム > 食・農林水産 > 楽農生活 > 楽農学校・交流 > 兵庫楽農生活センター

ここから本文です。

更新日:2019年7月15日

兵庫楽農生活センター

兵庫楽農生活センターとは

兵庫県では、県民の皆さんが気軽に食と「農」に親しむライフスタイルとして、「楽農生活(らくのうせいかつ)」を提唱しています。

兵庫楽農生活センター(神戸市西区神出町)は、「楽農生活」の体験や実践ができる拠点施設として、指定管理者である公益社団法人兵庫みどり公社を中心に、民間企業や地元農業者グループ等が参画・連携し、「楽農学校事業」と「楽農交流事業」を2つの柱として事業展開をしています。

約14ヘクタールの園内は、加工体験施設や楽農レストラン、農産物直売所、むかしの農作業の道具を展示する農機具展示庫等がある東エリアと、ほ場やビニールハウスで農作業体験や研修ができる西エリアから構成されています。

 

楽農レストラン

管理研修棟・加工施設棟

農産物直売所

きのこ収穫体験ができる「きのこ館」

農産物加工体験ができる「加工室」

むかしの農作業道具が見学できる「農機具展示庫」


「農」について学ぶ(楽農学校事業)

生きがい農業から新規就農まで幅広い学習や人材育成を支援します。

生きがい農業コース

市民農園等を楽しみたい人の基礎的な農業研修
(研修期間:上期・下期 各コース6か月[主に土曜日の午前中])

生きがい農業コースの特長

  • 専任指導員による指導で、野菜栽培に必要な基礎知識が身につきます!

指導員によるほ場での栽培技術指導

栽培技術の基礎講義(月2~3回程度)

 

  • 農作業ができる服装があれば、気軽に参加できます!

畑の広さは一人あたり約40m2

農具や苗などはセンターが準備

 

就農コース

就農希望者のための総合的な農業研修
(研修期間:1~2年間[週5日以上])

就農コースの特長

  • 施設栽培(ビニールハウス)と露地栽培による就農後の経営を研修!

施設栽培:約250m2

露地栽培:約300m2

 

  • 経験豊富なスタッフによる座学研修と懇切丁寧な栽培技術指導!

農業座学研修

農機具操作研修

 

「農」や食を体験する(楽農交流事業)

栽培、加工、食などの体験や交流を支援します。(詳しくは「兵庫楽農生活センター体験イベント」ページへ)

親子農業体験教室

  • お米づくりコース
    インストラクターの指導のもと、田植えから稲刈りまでの一貫した稲作体験や、新米の飯ごう炊さんを体験する教室
  • 丹波黒大豆づくりコース
    インストラクターの指導のもと、苗植え、枝豆の収穫、黒豆ご飯の飯ごう炊さん、黒大豆の収穫を体験する教室

民間企業・地元農業者グループ等の取り組み

野菜栽培体験

果樹栽培体験

里山体験(苗木の植樹・下草刈り・間伐作業、自然観察、木工教室等)

菌床きのこの収穫体験

農産物加工体験(地産地消料理教室、パンづくり、そば打ち等)

楽農レストラン「育みの里 かんでかんで」

農産物直売所「楽農市場 きらめき神出」

 

写真:親子農業

親子農業体験

写真:農産物加工体験

農産物加工体験

お問い合わせ

公益社団法人兵庫みどり公社 兵庫楽農生活センター

〒651-2304 神戸市西区神出町小束野30-17

電話:078-965-2651 FAX:078-965-2653

開園時間:午前9時~午後5時

休園日:水曜日(水曜日が祝日の場合、翌日が振替休園、レストラン「かんでかんで」は水曜日も営業)

年末年始(12月29日~1月3日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局楽農生活室

電話:078-362-9198

FAX:078-362-4458

Eメール:rakuno@pref.hyogo.lg.jp