ホーム > しごと・産業 > 工業 > 地場産業 > 王地山焼

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

王地山焼

王地山焼

王地山焼

 王地山焼の起源は、江戸時代末期の文政元年(1818)にさかのぼり、当時の篠山藩主・青山忠裕が王地山(篠山市河原町)の地に、京焼の陶工・欽古堂亀祐を招いて始めた藩窯がその発祥といわれています。当時は煎茶趣味の背景のなかで、中国風の青磁、染め付け、赤絵を主とした磁器窯でした。
 築窯時期から、王地山陶器所として名声を博しましたが、藩の廃止とともに明治2年に廃窯となって以来、その伝統が途絶えていました。
 現在の王地山陶器所は、篠山市が昭和63年に再興したもので、現在は第三セクターにより運営され、市職員による技術指導が行われるなど、当時の技法を現代に再現しています。

 

■指定年月日 平成8年2月13日

■製造者
 第三セクター有限会社クリエイトささやま(王地山陶器所)
■連絡先
 〒669-2325 篠山市河原町431
 電話:0795-52-5888 FAX:0795-52-5888


お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局工業振興課

電話:078-362-3331

FAX:078-362-3801

Eメール:kougyoshinko@pref.hyogo.lg.jp