ホーム > しごと・産業 > 工業 > 地場産業 > 姫革細工

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

姫革細工

姫革細工

姫革細工

 白くなめした革は、4~5世紀ごろ姫路地域で始まったといわれています。戦国時代には鮮やかに染色され、様々な甲冑や馬具の装飾に使用されていました。
 その後、技術技法を守り続け、18世紀に入ると、羽織、足袋、財布などの日用品が作られるようになり、現在ではブックカバー、ハンドバッグ、札入れ、がまぐちなど用途も多様化し、広く愛用されています。 

※平成28年4月名称変更(変更前:姫革白なめし革細工)

 

■指定年月日 平成5年3月19日

■製造者

 (有)キャッスルレザー   
■連絡先
 〒671-2116 姫路市夢前町寺1369-6

 

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局工業振興課

電話:078-362-3331

FAX:078-362-3801

Eメール:kougyoshinko@pref.hyogo.lg.jp