ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 阪神北県民局 > 令和3年8月局長メッセージ(阪神北県民局長 坂本 哲也)

ここから本文です。

更新日:2021年8月11日

 

令和3年8月局長メッセージ(阪神北県民局長 坂本 哲也)

うつらない・うつさない対策の徹底をーまん延防止等重点措置(8/2~)

新型コロナウイルス感染症のまん延防止等重点措置が8月2日から31日まで実施される予定です。感染拡大がさらに広がれば、緊急事態宣言に移行することも考えられます。
首都圏の感染拡大は関西圏の第4波以上に増加し、大阪も緊急事態宣言が出されました。
兵庫県、阪神北地域でも新たな感染の確認が急増しています。
ワクチン接種の効果もあってか、高齢者の感染が少なくなり、重症病床は現時点ではひっ迫するには至っていません。しかし、30代以下の若者で特に感染確認が増えていること、感染者が増えると重症化する方が増えてくる、また、40~50代の重症者が目立つようになっていると言われます。高齢者、医療関係者以外のワクチン接種はまだまだこれからで、未接種の方から感染拡大が懸念されるのは接種の進んだ諸外国でも言われています。
「飲食が感染拡大の原因とは思えない、お酒や食事が問題なのか」という方もおられます。
飲食そのものが感染を起こすのではなく、何人かで飲食すれば、マスクを外して会話することが多くなり、飛沫が飛んで感染拡大を起こすリスクが高まる、ということが懸念されます。友人等と出かけたり飲食しているあいだ、黙ったままで帰ってくることは難しいでしょう。最近感染が確認された方のほとんどが会食していて原因と考えられる、と東京の医師がテレビニュースのインタビューで話していました。

□不要不急の外出を控える

□外食の際は静かに黙食で(対策認証のマークのある店で)

□会話時はマスク、手洗い・消毒の励行

を呼びかけているのは、こうしたリスクをできる限り避けていただくお願いです。

梅雨も明けて暑い夏本番。新型コロナだけではありません。家の中での熱中症、食中毒、閉じこもっていることでの高齢者のフレイルの懸念‥注意することがいろいろあります。
オリンピック・パラリンピックで全力を尽くして競い合う選手たちを、テレビで応援しながら乗り切って下さい

関西・夏休み観戦絶対阻止宣言(PDF:73KB)

県民だより8月号 阪神北版(PDF:422KB)

阪神北県民局長本 哲也

阪神北県民局長メッセージ一覧

・阪神北県民局長メッセージ一覧

関連メニュー

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局総務企画室総務防災課
電話:0797-83-3101(代表)
FAX:0797-86-4379
Eメール:hanshinksom@pref.hyogo.lg.jp