ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 消費生活 > 中学生向け消費者教育用教材「考えよう 私は消費者」

ここから本文です。

更新日:2015年9月24日

中学生向け消費者教育用教材「考えよう 私は消費者」

インターネットの普及などにより、子どもがネットトラブルの当事者になるケースが急増しています。
全国的に見ても契約当事者が未成年であるオンラインゲームの相談は増加しており、未成年者の年齢別で見ても低年齢化が進んでいます。

そこで、本教材では特に問題となっている「ネットトラブル」を中心に取り上げ、インターネット・スマホの安全・安心な使い方やマナーを紹介し、ネットトラブルにあわないためにはどうすればよいか、またトラブルにあった時にはどうすればよいかを考える機会を提供します。
また、身近なネットトラブルを通じ、子ども自身がお金と密接な関係にあること、社会にかかわる消費者の一員である自覚を促す内容となっています。

●「考えよう 私は消費者」 :A4 8ページ(PDF:2,690KB)

中学生用教材 表紙

●「活用にあたって」(解説)(ワード:4,593KB)

●この教材は、消費者教育・学習に使用する場合にダウンロードしてご利用ください(非商用目的に限ります)。
●この教材の内容を転載する場合は、当課にご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部 消費生活課

電話:078-362-3376

FAX:078-362-4022

Eメール:syouhiseikatsu@pref.hyogo.lg.jp