ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 難病 > 新たな小児慢性特定疾病制度に関するご案内

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

新たな小児慢性特定疾病制度に関するご案内

平成27年1月1日より、新たな小児慢性特定疾病制度が始まりました。

対象疾病 小児慢性特定疾病指定医名簿 指定小児慢性特定疾病医療機関名簿 患児・保護者の皆様へ 医療機関の皆様へ

平成29年7月1日小児慢性特定疾病指定医の名簿を更新しました。
平成29年8月1日指定小児慢性特定疾病医療機関の名簿および辞退名簿を更新しました。

対象疾病(小児慢性特定疾病)

平成29年4月1日から、小児慢性特定疾病医療費助成制度の対象疾病が722疾病に拡大されました。
(これまで対象となっている704疾病に、18疾病が追加となりました。)

小児慢性特定疾病医療費助成制度における対象疾病、医療意見書など(外部サイトへリンク)

申請にあたっては、小児慢性特定疾病指定医が作成する医療意見書が必要です。

指定医・指定医療機関におかれましては、医療意見書を上記WEBからダウンロードしてご準備いただくようお願いします。
(疾病に対応した医療意見書をできる限り早く交付いただくためです。ご理解お願いします。)

小児慢性特定疾病指定医名簿

新規申請に添付する診断書(医療意見書)を記載する小児慢性特定疾病指定医」の名簿を更新しました。
申請受付けを行い、確認の上、指定した指定医を掲載しております(申請から指定・掲載までは時間を要する場合もあります)。
今後も順次申請を受付けて、指定を行っていきます。
なお、指定都市(神戸市)及び中核市(尼崎市、西宮市、姫路市)にある医療機関に所属する医師の指定状況については、各市へお問い合せください

指定小児慢性特定疾病医療機関名簿

小児慢性特定疾病の医療費助成の対象となる医療を提供する「指定小児慢性特定疾病医療機関」の名簿を更新しました。
申請受付けを行い、確認の上、指定した指定医療機関を掲載しております(申請から指定・掲載までは時間を要する場合もあります)。今後も順次申請を受付けて、指定を行っていきます。
なお、指定都市(神戸市)及び中核市(尼崎市、西宮市、姫路市)にある医療機関の指定状況については、各市へお問い合せください

廃業等の理由により辞退となっている指定医療機関の名簿を掲載しています。

 患児・保護者の皆様へ

新規申請手続きについて

小児慢性特定疾病医療費助成制度における医療費助成制度の申請を受付けております。受給者証の有効期間は、申請を受付けた日からとなります。

小児慢性特定疾病医療費助成制度の申請手続きについて

変更申請手続きについて

既に支給認定を受けている小児慢性特定疾病医療受給者証の内容について、変更が必要な場合には、その旨届け出てください。変更内容により、必要書類が異なりますので、ご注意ください。

小児慢性特定疾病医療受給者証等の変更手続きについて

更新申請手続きについて

受給者証をお持ちの方が、有効期間終了後も継続して受給者証を利用されるためには、有効期間中に更新手続きを行っていただく必要があります。更新申請のご案内を個別に郵送しますので、受付期間中に更新申請を行ってください。

医療意見書は、申請日から6ヶ月以内が有効です。早めにご準備いただくよう、かかりつけの小児慢性特定疾病指定医にご相談ください。
※医療意見書は、医療機関でご準備いただきます。更新申請のご案内には同封しません。

更新申請の受付期間

現在お持ちの受給者証の有効期限 更新申請のご案内 受付期間

平成29年9月30日まで(クリーム色の受給者証)

平成28年1月1日以降に新規認定を受け、受給者証をお持ちになった方


平成29年12月31日まで(桃色の受給者証)

平成26年12月31日までの旧制度から継続して受給者証をお持ちの方

6月中~下旬頃

7月1日~

8月31日

受付期間を過ぎた場合

  • 受付期間中に申請いただき、支給認定基準を満たす場合は、有効期間内に新たな受給者証をお届けする予定です。
  • 受付期間を過ぎても、受給者証の有効期間内であれば、「更新申請」として受付します。ただし、有効期間内に新たな受給者証をお届けすることが難しいため、新たな受給者証が届くまでの期間は、医療費の立替払いが必要となります。
  • 有効期間を超えた場合は、「新規申請」となります。有効期間を超えた日から申請受付日までの期間は、医療費助成の対象外となります。さらに、旧制度からの経過措置による自己負担額の軽減を受けている方(桃色の受給者証をお持ちの方)は、軽減の適用が継続できなくなります。

小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの皆様へ

いつもご利用される医療機関に、「指定医療機関」の申請を提出済みか、ご確認ください。

平成27年1月以降、受給者証を使用できる医療機関(病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション)は、都道府県知事から指定を受けた「指定医療機関」に限られます。「指定医療機関」は、保険診療医療機関であれば、特別な要件はありません。

 医療機関の皆様へ

小児慢性特定疾病の医療費助成の実施主体は、都道府県(兵庫県)、指定都市(神戸市)及び中核市(尼崎市、西宮市、姫路市)となります。医療機関の所在地に応じて、申請手続きが異なります。


「自己負担限度額管理票」の記載に関する手引きを掲載しました。
新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度における「指定医療機関」についての「関連資料」をご確認ください。

指定医療機関制度について

医療費助成の対象となる医療を提供する医療機関は、「指定医療機関」の申請手続きをお願いします。

新たな小児慢性特定疾病医療費助成における「指定医療機関」について

指定医制度について

小児慢性特定疾病の申請に添付する診断書を記載する医師は、「指定医」の申請手続きをお願いします。

新たな小児慢性特定疾病医療費助成における「指定医」について

指定医研修(研修受講を条件とした小児慢性特定疾病指定医対象)

小児慢性特定疾病患者の新規申請・更新申請に添付する診断書を記載する「小児慢性特定疾病指定医」の研修について、平成29年度以降の実施については、WEB研修とします。
新たな小児慢性特定疾病医療費助成における「指定医」についての「指定医研修」をご確認ください。

・小児慢性特定疾病指定医研修は、「研修受講を条件とした小児慢性特定疾病指定医」を対象とします。
(専門医資格をお持ちの指定医は、研修受講義務はございません。)

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3245

FAX:078-362-9474