ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 難病 > 難病医療費助成制度における「指定医」について(医療機関の皆様へ)

ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

難病医療費助成制度における「指定医」について(医療機関の皆様へ)

平成27年1月から「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行されました。
指定難病患者の新規・継続申請に添付する診断書を記載する医師は「難病指定医」、継続続申請に添付する診断書を記載する医師は「協力難病指定医」の申請手続きをお願いします。

重要なお知らせ

【指定医・指定医療機関へのお願い】

  • 平成29年4月1日から、医療費助成の対象に24疾病が加わり、330疾病が対象となりました。
  • 原則適用者を対象とした更新申請受付は6月12日から8月10日に、経過措置適用者を対象とした更新申請受付けは9月1日から11月24日に実施します。
  • 指定医、指定医療機関におかれましては、臨床調査個人票をWEBからダウンロードしてご準備いただくようお願いします。

※平成29年4月より、臨床調査個人票の様式が改正されました。新規・更新ともすべて同じ様式になっています。

【指定医番3桁目Pの難病指定医について】

  • 指定医番号3桁目Pの難病指定医については、平成29年3月末日までに難病指定医の養成のための研修を修了することを要件に指定された難病指定医です。
  • 兵庫県では、平成27年度から計5回の研修会を開催(最終:平成29年1月9日)しましたが、これらの研修を修了されていない場合、平成29年3月末日をもって難病指定医の資格は失効し、平成29年4月以降、特定疾患(指定難病)医療費助成制度における臨床調査個人票を記載することが出来ませんので、ご留意ください。
  • なお、平成29年3月末日までの間に、兵庫県以外の都道府県等で実施された難病指定医研修を修了された場合は、別途、研修修了している旨の申請をしてください。
  • 各都道府県が実施する難病指定医等の養成のための研修開催状況については、下記よりご参照ください。

難病情報センター 指定医研修開催状況一覧はこちら(外部サイトへリンク)

【研修受講を要件とする「難病指定医」及び「協力難病指定医」の研修について】

指定医とは

難病医療費助成を受けようとする患者等は、知事が定める医師(「指定医」)の診断書を添えて申請する必要があります。

指定医には「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類があり、要件に該当する医師の申請に基づき兵庫県知事が指定します。
診断書を記載する医師は「難病指定医」あるいは「協力難病指定医」のどちらかの申請手続きをお願いします。

なお、難病患者に対する医療を提供する医療機関は、「指定医療機関」の申請手続きをお願いします。
「難病医療費助成制度における「指定医療機関」について」(医療機関の皆様へ)」をご参照ください。

難病指定医の要件

新規申請および更新申請に添付する診断書を記載する医師は、難病指定医の申請をお願いします。

「難病指定医」は、申請時において、5年以上の診断・治療に従事した経験※1がある医師のうち、以下の1または2の要件を満たす方が対象です。
(※1臨床医研修の期間を含みます。また、難病以外の診断、治療経験でもかまいません。)

1.厚生労働大臣が定めた専門医資格を有する医師(※2)

(※2専門医リストは「難病指定医の指定における厚生労働大臣が定める学会一覧(PDF:128KB)」)

2.都道府県の実施した難病指定医研修を受講した医師

(都道府県の実施した難病指定医研修を修了後、申請受付・指定となります)


協力難病指定医の要件

更新申請に添付する診断書のみを記載する医師は、協力難病指定医の申請をお願いします。

「協力難病指定医」は、申請時において5年以上の診断・治療に従事した経験※1がある医師のうち、都道府県の実施した協力難病指定医研修を受講した医師が対象となります。

指定医名簿

指定医の主たる勤務先及び氏名等を「新たな難病制度に関するご案内」に掲載しています。

申請手続き

  • 申請に必要な書類を整えて、提出先に提出してください(郵送可)。
  • 指定後に県から指定通知書を郵送するとともに、主たる勤務先及び氏名等を「指定医名簿」として公表します。
  • 指定通知書の記載内容に変更があった場合は、変更手続きをお願いします。
  • 指定は5年毎の更新制です。更新時期が近づきましたら郵送にて、ご案内します。

難病指定医の申請手続き

下記書類を提出先に提出ください。詳細は、「申請の手引き」をご参照ください。
新たな難病医療費助成制度における「難病指定医」の申請の手引き(PDF:125KB)

※厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医資格を有しない場合、都道府県が実施する難病指定医研修修了後に申請いただく必要がありますので、ご留意ください。

必要書類 様式、記載例
1.難病指定医指定申請書兼履歴書

【様式】
難病指定医指定申請書兼履歴書(ワード:28KB)
難病指定医指定申請書兼履歴書(PDF:61KB)

【記載例】
難病指定医指定申請書兼履歴書の記載例(ワード:38KB)

2.医師免許証の写し

 
3.専門医資格を有することを証明する書類の写し(専門医のみ)  

 

【提出先】(郵送)
〒650-8567
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1
兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課がん・難病対策班
電話:078-341-7711(内線3232)

 協力難病指定医の申請手続き

協力難病指定医研修の終了後に、申請を受け付けます。下記1と2をご持参ください。

必要書類 様式、記載例
1.協力難病指定医指定申請書兼履歴書

【様式】
協力難病指定医指定申請書兼履歴書(ワード:27KB)
協力難病指定医指定申請書兼履歴書(PDF:119KB)
【記載例】
協力難病指定医申請書兼履歴書(記載例)(PDF:161KB)

2.医師免許証の写し

 
3.協力難病指定研修修了書の写し  

 指定医研修

研修カリキュラム

指定医の果たす役割について知識を習得できる内容として、下記の事項を国が定めています。
研修時間は、難病指定医では1日間協力難病指定医では1~2時間程度です。

【難病指定医・協力難病指定医共通】

  1. 難病の医療費助成制度、難病患者のデータ登録
  2. 指定医の職務
  3. 医療費助成制度における診断基準、重症度分類、臨床調査個人票等
  4. 指定医療機関療養担当規程の遵守等、指定医療機関が行うこと
  5. 指定医が行うべき実務、臨床調査個人票の記入等
  6. 難病に対する知識の医療体制や全国的な医療体制

【難病指定医のみ】

  1. 代表的な疾患に係る疾患概念や診断基準、重症度分類、臨床調査個人票、診療ガイドライン等、最新の知見、診断や治療に当たっての臨床的な問題点

難病指定医研修会の開催について

【平成29年度 難病指定医研修会の概要】

  • 平成29年度の難病指定医研修会は、以下のとおり終了しました
  • 平成29年度以降、難病指定医研修会は年1回開催予定です。

1.開催日時等

日時:平成29年6月11日(日曜日)

11時00分~12時00分、13時15分~16時30分 (受付 10時30分~)

場所:兵庫県民会館 11階 パルテホール

2.内容

「難病医療費助成制度及び実務について」「代表的疾患について」

3.講師 兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課医師及び専門医師
4.研修申込

(※平成29年度の難病指定医研修会は終了しました。)

5.研修会当日

にご持参いた

だくもの

難病指定医としての指定は、研修修了後の指定となります。

当日受付にて、「難病指定医」の申請受付を行いますので、下記書類を必ずご持参ください。
1.「難病指定医指定申請書兼履歴書」
2.医師免許証(写し)
難病指定医の申請手続き」をご確認ください。

 

協力難病指定医研修会の開催について

【平成29年度 協力難病指定医研修会の概要】

  • 平成29年度の協力難病指定医研修会は、以下のとおり終了しました。
  • 平成29年度以降、協力難病指定医研修会は年1回開催予定です。

1.開催日時等

日時:平成29年6月11日(日曜日)

11時00分~12時00分 (受付 10時30分~)

場所:兵庫県民会館 11階 パルテホール

2.内容

「難病医療費助成制度及び実務について」

3.講師 兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課医師
4.研修申込

(※平成29年度の難病指定医研修会は終了しました。)

5.研修会当日

にご持参いただくもの

協力難病指定医としての指定は、研修修了後の指定となります。

当日受付にて、「協力難病指定医」の申請受付を行いますので、下記書類を必ずご持参ください。

1.「協力難病指定医指定申請書兼履歴書」
2.医師免許証(写し)

「協力難病指定医の申請手続き」をご確認ください。

変更申請

指定通知書の記載内容等に変更があった場合は、下記様式にて兵庫県疾病対策課まで手続きをお願いします。

【申請必要書類】
1.指定医の氏名、連絡先、医籍の登録番号及び登録年月日、主として指定難病の診断を行う医療機関の名称及び所在地等に変更があった場合
難病指定医指定変更届出書(エクセル:16KB)
2.紛失等により指定医通知書の再交付を申請する場合
難病指定医指定通知書再交付申請書(ワード:38KB)
3.指定医を辞退する場合
難病指定医指定辞退届(エクセル:14KB)
4.県外に転出する場合
主として指定難病の診断を行う医療機関を県外に変更するときは、当該医療機関の所在地の都道府県に改めて指定医指定申請書を提出する必要があります。あわせて、兵庫県あてに難病指定医指定辞退届(エクセル:14KB)を提出してください。

【提出先(申請時に同じ)】(郵送可)
〒650-8567
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1
兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課がん・難病対策班
電話:078-341-7711(内線3232)

よくあるご質問

問1 「難病指定医」の研修内容はどのようなものか。
答1 国の定めた内容に基づき、1日間の研修を実施しています。「指定医研修」をご参照ください。
問2

「難病指定医申請書兼履歴書」を申請すれば、「難病指定医」だけでなく、「協力難病指定医」の申請も行ったこととなるのか。

答2 「難病指定医」の指定を受ければ、「協力難病指定医」の申請は不要です。「難病指定医」は、新規申請・更新申請いずれの診断書も作成可能です。
問3 「難病指定医」は小児慢性特定疾病の診断書も作成できるのか。
答3 作成できません。別に小児慢性特定疾病の指定医の申請をする必要があります。「新たな小児慢性特定疾病医療費制度における「指定医」の申請について」をご参照ください。
問4 「専門医」ではなく、「認定医」は対象となるのか。
答4 「認定医」は対象ではありません。
問5 「難病指定医」研修、「協力難病指定医」研修の今後の開催予定はどうなっているのか。
答5 兵庫県においては、平成29年度以降、年1回開催予定です。日程など詳細が決まり次第、当ホームページでご案内します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3245

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp