ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 健康づくり > 特定健診・特定保健指導に関する実態調査について

ここから本文です。

更新日:2017年6月26日

特定健診・特定保健指導に関する実態調査について

平成27年度は、調査テーマを「特定健診受診率・特定保健指導実施率の向上に関する取組の把握」とし、各保険者の受診率・実施率向上のための取組について、詳細に把握しました。調査の結果、保険者の種類別・保険者規模別に実施率向上のために有効な取組パターンや実施率の低い取組が明らかとなったため、下記のとおり報告書としてまとめています。各保険者の皆様は、受診率・実施率を着実に伸ばしている保険者の取組みパターンや実施率の低い取組を中心に、さらなる受診率・実施率の向上を目指した取組を推進してください。また、データヘルス計画策定時の基礎資料としてご活用ください。

  • 調査時期:平成28年2月1日~3月31日
  • 調査方法:電子メールによるアンケート調査。配布は、兵庫県保険者協議会事務局、回収・集計・分析は兵庫県健康増進課にて実施。
  • 調査対象:県内医療保険者(41市町国民健康保険・7国民健康保険組合・61被用者保険)
  • 回収率:92.7%

調査結果報告書

「特定健康診査・特定保健指導の実施率向上に関する実態調査報告書」

1.表紙・目次(PDF:79KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局健康増進課

電話:078-362-9146

FAX:078-362-3913

Eメール:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp