ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 高齢者 > 介護老人福祉施設・入所コーディネートマニュアル

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

介護老人福祉施設・入所コーディネートマニュアル

介護老人福祉施設・入所コーディネートマニュアルは、「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第39号)の円滑な運用のため、介護老人福祉施設が入所者の決定にあたって、実施すべき具体的な手続きを定めた指針です。

兵庫県内にある介護老人福祉施設(神戸市を除く。)は、この指針に基づいて優先度の高い人が速やかに入所できるよう、介護の必要の程度や家族等の状況など、入所の必要性や緊急性を評価し、適正に入所調整を行います。

なお、このマニュアルは、介護保険法の改正により、平成27年4月1日以降介護老人福祉施設及び地域密着型介護老人福祉施設への入所が原則要介護3以上に限定される一方で、要介護1又は2の方の特例的な施設への入所が認められるようになったことに伴い、「指定介護老人福祉施設等の入所に関する指針について(平成26年12月12日付老高発1212第1号厚生労働省老健局高齢者支援課長通知)」を踏まえ、改正を行なったものとなります。

(注)

  1. 介護老人福祉施設(特養)への入所申込みは、入所を希望する施設に直接行ってください。
  2. 神戸市内の介護老人福祉施設(特養)に関する入所申込及び調整等は、これとは別に、神戸市作成のマニュアルにより行われています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局介護保険課

電話:078-362-9035

FAX:078-362-9470

Eメール:kaigohoken@pref.hyogo.lg.jp