ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > インスペクション普及支援事業の実施

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

インスペクション普及支援事業の実施

県では、既存住宅の性能や品質などに対する消費者の不安を払拭し、安全・安心で良質な既存住宅の流通を促進するため、インスペクション(建物状況調査)の普及・啓発に取り組んでいます。

このたび、インスペクションの実施や普及活動に対して補助を行う「インスペクション普及支援事業」を実施することとし、下記のとおり募集を開始します。

インスペクション(建物状況調査)とは、既存住宅の売買時に建築士等の専門家が建物の劣化状況(基礎、外壁等のひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の状況)を目視、計測等により調査するものです。

新たに、インスペクションに適合する住宅への表示を行う「ひょうごあんしん既存住宅」を開始します!

ひょうごあんしん既存住宅の表示を行うための「ひょうごインスペクション」を行う検査法人を募集します!

1.インスペクションの実施

  1. 補助対象者
    ひょうご住まいづくり協議会が定める既存住宅の検査項目及び検査方法によりインスペクションを実施することができる事業者
  2. 対象経費
    兵庫県内の一戸建て住宅に対するインスペクションの実施に必要な経費
  3. 補助額
    補助事業の対象となるインスペクション1件当たりの経費又は25千円のいずれか低い額に、実施件数を乗じた額以内
  4. 検査項目・検査方法
    主要な構造部材の耐久性:構造耐力上主要な部分に著しい劣化の有無
    屋根・外壁等の防水性能:雨漏り又は水漏れ等の有無
    給排水管の基本性能:給排水の滞留及び水漏れ等の有無
    シロアリ被害:検査時点でシロアリの被害の有無
    耐震性能:現行の基準による耐震性の有無
  5. 募集期間
    【第1回】
    募集期間:終了
    採択件数:採択件数55件(応募者全体の合計数
    【第2回】
    募集期間:平成29年11月1日(水曜日)から平成30年2月23日(金曜日)
    採択件数:インスペクションの実施予定件数155件(応募者全体の合計数)
    対象期間:平成29年12月から平成30年3月の間に実施するインスペクション
    応募様式:様式1応募申込書(ワード:21KB)

交付決定状況(随時更新)

 

交付決定状況一覧表(第1回)

事業者名

交付決定年月日

実施予定件数

(一社)すまいの未来研究機構

平成29年7月25日

25件

ジャパンホームシールド(株)

平成29年10月10日

30件

 

 

 

 

 

 

交付決定状況一覧表(第2回)

事業者名

交付決定年月日

実施予定件数

さくら事務所ホームインスペクション関西

(ユニオン設計(株))

平成29年12月1日

10件

(一社)すまいの未来研究機構

平成29年12月1日

25件

 

2.インスペクションの普及活動

  1. 補助対象者
    住宅、建築又は不動産に関係する公的な団体※
    【※住宅、建築又は不動産に関係する公的な団体は次のとおり(以下同じ】
    (一社)兵庫県宅地建物取引業協会、(公社)全日本不動産協会兵庫県本部
    (一社)兵庫県建築士事務所協会、(公社)兵庫県不動産鑑定士協会
    (公社)兵庫県建築士会
  2. 対象経費
    一般消費者や関係事業者等を対象としたセミナーの開催やパンフレットの作成など、既存住宅のインスペクションの普及・啓発活動に必要な経費
  3. 採択件数
    若干数
  4. 補助額
    補助事業の対象となる経費に二分の一を乗じた額以内
  5. 予算額
    600千円
  6. 募集期間
    募集期間:平成29年7月3日(月曜日)から平成29年7月28日(金曜日)
    応募様式:様式1応募申込書(ワード:21KB)

採択状況(確定)

採択状況一覧表

事業者名

採択年月日

(一社)兵庫県建築士事務所協会

平成29年7月31日

(公社)全日本不動産協会兵庫県本部

平成29年7月31日

3.「ひょうごあんしん既存住宅」に関する検査法人の登録

国が定めるインスペクションの基準として、既存住宅状況調査方法基準(平成29年国土交通省告示第82号)をベースに、以下の内容を確かめるものを「ひょうごインスペクション」と呼び、詳細の検査方法も定めています。

  1. 主要な構造部材の耐久性:構造耐力上主要な部分に著しい劣化等の有無。
  2. 屋根・外壁等の防水性能:雨漏り又は水漏れ等の有無。
  3. 給排水設備の基本性能:排水の滞留及び水漏れ等の有無。
  4. しろあり被害:しろありの被害の有無。
  5. 耐震性能:現行の建築基準法の規定に適合する耐震性の有無。

登録に関する申請書類等

関係資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局住宅政策課 住宅政策班

電話:078-362-3581

内線:4638

FAX:078-362-9458

Eメール:jutakuseisaku@pref.hyogo.lg.jp