ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > 県営住宅における子育て支援について

更新日:2024年2月6日

ここから本文です。

県営住宅における子育て支援について

県営住宅では、新婚世帯・子育て世帯等を対象に、低廉で良質な住宅を提供することにより、安心して子どもを育てられる住環境の確保を支援します。

なお、いずれも県営住宅の入居基準を満たすことが必要です。

 

「子育てしやすい県営住宅に向けた子育て世帯と知事との意見交換会」を実施しました

県ではこれから結婚・子育てをする若者・Z世代が安心して子育てできる住宅・住環境の確保に向け、より一層の推進を図っていくこととしています。

そのため、このたび子育て世帯向けに改修を行った県営住宅を見学し、子育て世帯の県民と知事が意見交換を行い、今後の県営住宅の入居促進等の施策に反映させていきます。

  1. 日時
    令和6年1月29日(月曜日) 見学11時~11時30分 意見交換11時30分~12時
  2. 場所
    県営尼崎大庄住宅(尼崎市蓬川町331-4)
  3. 視察者・意見交換会参加者
    兵庫県知事 齋藤 元彦
    子育て世帯 4~5世帯程度
  4. 内容
    (1)住戸の視察[1号棟108号室(未改修)、1号棟201号室(子育て世帯向け改修)の2戸]
    (2)知事と子育て世帯との意見交換会[集会室]

大庄内部写真 意見交換会画像

 

発言要旨(PDF:93KB)

 

1 新婚・子育て世帯等優先住宅

新婚・子育て世帯等の方のみが申し込み可能な住宅を設定し、毎月募集を行います。

県営住宅の募集はこちら

対象 要件
①新婚・子育て世帯優先
  • 合計年齢が80歳未満で婚姻成立後2年以内の夫婦の世帯
    (内縁関係を含む)
  • 合計年齢が80歳未満の婚約者の世帯(入居期限までに入籍し住宅斡旋時に入居できることが必要です)
  • 同居者に中学校を卒業するまでの子どもがいる世帯
②若年世帯優先
  • 合計年齢が80歳未満の夫婦の世帯(内縁関係を含む)
  • 合計年齢が80歳未満の婚約者の世帯
③母子・父子世帯優先
  • 配偶者(婚約・内縁関係を含む)のいない方で、現に20歳未満の子を扶養している世帯
    なお、児童扶養手当証書、ひとり親家庭等医療証、戸籍謄本、その他の書類により母子または父子世帯であることを確認できること。
④多子世帯優先
  • 18歳未満の児童を3人以上扶養する世帯

※1 年齢は募集期間末日の満年齢

2 ①、②の優先入居については、地域コミュニティ活動(団地自治会等)に貢献していただく必要があります。

3 定期借家方式による募集:入居期間は10年間

 

2 三世代の優先入居

三世代(親、子、孫)が支え合って住むことを推進するため、三世代が近居できる住宅を募集します。(年3回)

三世代優先入居はこちら

申込資格

募集形態

親世帯:兵庫県内に居住する夫婦のみ若しくは60歳以上の単身者

子孫世帯:子育て世帯(同居者に中学校を卒業するまでの子供のいる世帯)

「三世代いきいき住宅(ご近所呼び寄せ)」

募集する県営住宅から2キロ以内で三世代(二戸)の呼び寄せ近居が実現する1住戸を募集

3 集会所等を活用した子育て支援

県営住宅の集会所等を活用し、団地自治会や民間事業者等と連携し、学習支援やこども食堂等子育て支援の取組を実施するほか、敷地を貸付けし、保育所の設置を支援しています。

学習教室(鶴田高層住宅)

保育所(浜つばめ高層)

 

お問い合わせ

部署名:まちづくり部 公営住宅管理課

電話:078-230-8460

FAX:078-230-8466

Eメール:jutakukanri@pref.hyogo.lg.jp