ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 森林 > (3)針葉樹林と広葉樹林の混交整備

ここから本文です。

更新日:2017年7月12日

(3)針葉樹林と広葉樹林の混交整備

課題

整備前の人工林

整備前の人工林

林業採算性の悪化により、伐採されずに放置される高齢人工林(46年生以上)が急増する見込みであり、同じ流域に大きな面積で同林齢、同樹種の高齢人工林が増加すると、気象災害や病害虫により壊滅的な被害を受ける恐れがあります。

実施内容

整備後の針広混交林(イメージ)

整備後の針広混交林(イメージ)

大面積に広がる手入れ不足の高齢人工林(46年生以上)を部分伐採し、その伐採跡地に広葉樹を植栽することにより、風害に強く、水土保全機能の高い森林へ誘導します。


〔整備内容〕

広葉樹の植栽

作業道の整備等

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局豊かな森づくり課

電話:078-362-3144

FAX:078-362-3954

Eメール:yutakanamorizukuri@pref.hyogo.lg.jp