ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 道路整備 > 北近畿豊岡自動車道について

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

北近畿豊岡自動車道について

北近畿豊岡自動車道について

 北近畿豊岡自動車道は、豊岡市を起点とし丹波市に至る延長約70kmの自動車専用道路です。但馬地域と丹波地域を直結するとともに京阪神都市圏との連結を強化することで但馬地域の観光、産業や救急医療などに大きく寄与します。

 また、災害時の緊急輸送道路にも指定され、但馬地域の安全・安心で豊かな暮らしを支える重要な役割を担っています。

 北近畿豊岡自動車道は国土交通省において整備が進められており、平成18年7月に春日IC~和田山IC、平成24年11月に和田山IC~八鹿氷ノ山IC、平成29年3月に八鹿氷ノ山IC~日高神鍋高原ICが開通しました。令和2年秋に日高神鍋高原IC~但馬空港ICが開通予定です。また、残る区間の但馬空港IC~(仮称)豊岡北IC間は事業中です。

 

 

 

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 豊岡土木事務所 北近畿豊岡自動車道担当

電話:0796-26-3738

 国土交通省近畿地方整備局豊岡河川国道事務所

電話:0796-22-3126

☆道路情報については国土交通省近畿地方整備局豊岡河川国道事務所へお問い合わせください。