ホーム > 県政情報・統計(統計) > 人口・土地統計 > 住宅・土地統計 > 平成20年住宅・土地統計調査結果〈兵庫県結果概要〉

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

平成20年住宅・土地統計調査結果〈兵庫県結果概要〉

平成20年10月1日現在で実施された平成20年住宅・土地統計調査結果の兵庫県の概要は、次のとおり。


1 住宅数

平成20年の総住宅数は252万700戸。平成15年と比べると、14万300戸(5.9%)増加、(全国6.9%増加)。30年前の昭和53年(161万5300戸)の約1.6倍に増加。 

平成20年の空き家は33万6200戸(空き家率13.3%、全国13.1%)。

また、総住宅数が総世帯数を上回る状態が続いており、平成20年における1世帯当たりの住宅数は1.15戸(全国1.15戸)。


区分

総住宅数

対前回調査比

居住世帯
あり

空き家

空き家率

総世帯数

世帯人員

1世帯あたり住宅数

1世帯あたり人員

増減数

増減率

   

世帯

昭和 53年 1,615,300 187,100 13.1 1,440,700 139,200 8.6 1,468,100 5,102,500 1.10 3.48
  58年 1,738,100 122,800 7.6 1,527,400 173,100 10.0 1,548,200 5,223,700 1.12 3.37
  63年 1,862,700 124,600 7.2 1,632,300 195,800 10.5 1,647,300 5,344,200 1.13 3.24
平成 5年 2,019,300 156,600 8.4 1,780,700 202,000 10.0 1,796,200 5,484,700 1.12 3.05
  10年 2,214,300 195,000 9.7 1,889,600 299,100 13.5 1,907,500 5,456,000 1.16 2.86
  15年 2,380,400 166,100 7.5 2,052,000 313,600 13.2 2,068,400 5,579,400 1.15 2.70
  20年 2,520,700 140,300 5.9 2,169,400 336,200 13.3 2,184,400 5,579,300 1.15 2.55


2 住宅の建て方

(1) 建て方別住宅数

平成20年の居住世帯のある住宅216万9400戸を建て方別にみると、一戸建て109万1500戸(50.3%、全国55.4%)と共同住宅100万8800戸(46.5%、全国41.7%)で住宅全体の96.8%。

平成15年と比べると、一戸建は5万3400戸(5.1%、全国3.7%)増加に対し、共同住宅は7万9200戸(8.5%、全国10.5%)増加。

長屋建が縮小傾向を続けているのに対し、共同住宅の住宅数及び割合は過去最大。

区分

居住世帯のある住宅数

建て方別住宅割合

総数

一戸建て

長屋建て

共同住宅

その他

一戸建て

長屋建て

共同住宅

その他

   

昭和 53年 1,440,700 767,500 179,400 487,300 6,500 53.3 12.5 33.8 0.5
  58年 1,527,400 809,600 181,100 529,800 6,900 53.0 11.9 34.7 0.5
  63年 1,632,300 871,400 158,200 594,800 7,800 53.4 9.7 36.4 0.5
平成 5年 1,780,700 911,200 137,600 725,100 6,700 51.2 7.7 40.7 0.4
  10年 1,889,600 949,800 108,800 823,000 7,900 50.3 5.8 43.6 0.4
  15年 2,052,000 1,038,100 79,500 929,600 4,900 50.6 3.9 45.3 0.2
  20年 2,169,400 1,091,500 64,400 1,008,800 4,700 50.3 3.0 46.5 0.2


(2) 共同住宅の階数別住宅数

 共同住宅について階数別にみた、平成20年の「6階建以上」は43万4100戸(構成比43.0%、全国32.6%)となり、初めて「3~5階建」を上回った。

都道府県別にみると、「11階建以上」の共同住宅総数に占める割合は、17.6%で全国第2位となった。(関連資料 「平成20年住宅・土地統計調査結果の概要(兵庫県)」別紙1参照)

平成15年と比べると、「6階建以上」は15.3%(全国23.7%)増加、うち「11階建以上」は19.7%(全国34.1%)の増加で、共同住宅の高層化が進行。

建築時期別にみると、「3~5階建」は66.9%が平成7年以前であるのに対し、「6階建以上」は、平成7年以前(48.1%)と平成8年以降(49.0%)で拮抗。(関連資料 「平成20年住宅・土地統計調査結果の概要(兵庫県)」別紙2参照)


区分

共同住宅の階数別住宅数

階数別住宅割合

増減率

総数

1・2階建

3~5階建

6階建以上

(再掲)11階建以上

1・2
階建

3~5
階建

6階建
以上

(再)11階建以上

総数

1・2
階建

3~5
階建

6階建
以上

(再)11階建以上

   

昭和 53年 487,300 227,100 221,900 38,200

・・・

46.6 45.5 7.8

-

-

-

-

-

-

  58年 529,800 190,600 253,100 86,100

・・・

36.0 47.8 16.3

-

8.7 △ 16.1 14.1 125.4

-

  63年 594,800 166,400 294,400 134,000

・・・

28.0 49.5 22.5

-

12.3 △ 12.7 16.3 55.6

-

  5年 725,100 168,700 366,000 190,500

・・・

23.3 50.5 26.3

-

21.9 1.4 24.3 42.2

-

平成 10年 823,000 146,200 392,700 284,000 110,700 17.8 47.7 34.5

13.5

13.5 △ 13.3 7.3 49.1

-

  15年 929,600 140,200 412,800 376,500 148,000 15.1 44.4 40.5

15.9

13.0 △ 4.1 5.1 32.6

33.7

  20年 1,008,800 151,600 423,300 434,100 177,100 15.0 42.0 43.0

17.6

8.5 8.1 2.5 15.3

19.7


3 住宅の所有の関係

平成20年の持ち家は137万9000戸(構成比63.6%、全国61.1%)、借家のうち民営借家は48万4000戸(同22.3%、全国26.9%)、公営住宅13万4100戸(同6.2%)、都市再生機構・公社5万5800戸(同2.6%)、給与住宅4万9500戸(同2.3%)。

持ち家住宅率は、前回調査の平成15年(63.4%)と比べ、0.2ポイント上回った。


区分

居住世帯
のある
住宅総数

持ち家

借家

持ち家住宅率

民営借家率

総数

公営

都市再生機構・公社

民営

給与住宅

兵庫県

全国

兵庫県

全国

   

昭和 53年 1,440,700 802,900 636,800 90,400 34,800 419,900 91,700 55.7 60.4 29.1 26.1
  58年 1,527,400 909,900 615,600 100,300 42,400 391,800 81,100 59.6 62.4 25.7 24.5
  63年 1,632,300 983,100 624,000 112,600 47,100 401,400 63,000 60.2 61.3 24.6 25.8
平成 5年 1,780,700 1,064,900 699,500 109,000 57,000 446,600 86,900 59.8 59.8 25.1 26.4
  10年 1,889,600 1,151,700 709,400 135,800 55,100 445,200 73,300 60.9 60.3 23.6 27.4
  15年 2,052,000 1,301,700 723,500 134,200 60,600 467,300 61,400 63.4 61.2 22.8 26.8
  20年 2,169,400 1,379,000 723,400 134,100 55,800 484,000 49,500 63.6 61.1 22.3 26.9

 

4 住宅の規模

居住専用に建築された「専用住宅」の平成20年における1住宅当たりの延べ面積(住宅の床面積の合計)は、93.47平方メートル(全国92.41平方メートル)。平成15年と比較すると、0.73平方メートル(0.8%)増加、(全国0.08平方メートル減少)。


区分

兵庫県

全国

専用住宅の1住宅あたり延べ面積

増減率

専用住宅の1住宅あたり延べ面積

増減率

専用住宅
平均

持ち家

借家

専用住宅平均

持ち家

借家

専用住宅
平均

持ち家

借家

専用住宅平均

持ち家

借家

   

平方メートル

平方メートル

平方メートル

平方メートル

平方メートル

平方メートル

昭和 53年 72.66 101.87 39.25 6.5 1.8 4.2 75.45 101.29 39.36 7.5 6.0 4.5
  58年 80.17 108.06 41.44 10.3 6.1 5.6 81.56 107.25 41.72 8.1 5.9 6.0
  63年 83.99 110.67 43.35 4.8 2.4 4.6 84.95 112.08 43.08 4.2 4.5 3.3
平成 5年 87.67 116.91 44.97 4.4 5.6 3.7 88.38 118.45 44.29 4.0 5.7 2.8
  10年 88.90 116.35 45.60 1.4 △ 0.5 1.4 89.59 119.97 43.78 1.4 1.3 △ 1.2
  15年 92.74 118.35 47.84 4.3 1.7 4.9 92.49 121.67 45.59 3.2 1.4 4.1
  20年 93.47 117.42 48.78 0.8 △ 0.8 2.0 92.41 121.03 45.07 △ 0.1 △ 0.5 △ 1.1


5 高齢者等のための設備

平成20年の居住世帯のある住宅のうち高齢者や身体障害者などのための設備がある住宅の割合は54.8%(全国第5位、全国48.7%)で、すべての項目で前回を上回った。


区分

兵庫県

全国

平成10年

平成15年

平成20年

平成10年

平成15年

平成20年

住宅数

構成比

住宅数

構成比

住宅数

構成比

住宅数

構成比

住宅数

構成比

住宅数

構成比

 

総数

1,889,600

100.0

2,052,000

100.0

2,169,400

100.0

43,922,100

100.0

46,862,900

100.0

49,598,300

100.0

高齢者等のための設備がある

876,200

46.4

932,300

45.4

1,189,800

54.8

17,857,200

40.7

18,658,900

39.8

24,145,800

48.7

 手すりがある

606,700

32.1

736,900

35.9

936,800

43.2

11,480,300

26.1

14,234,300

30.4

18,517,700

37.3

 またぎやすい高さの浴槽

387,400

20.5

402,300

19.6

566,200

26.1

8,048,600

18.3

8,185,000

17.5

11,344,800

22.9

 廊下などの幅が車椅子で通行可能

240,400

12.7

314,500

15.3

433,200

20.0

4,474,600

10.2

5,922,600

12.6

7,999,600

16.1

 段差のない屋内

231,500

12.3

317,400

15.5

502,900

23.2

4,278,900

9.7

6,123,800

13.1

9,898,600

20.0

 道路から玄関まで車椅子で通行可能

232,600

12.3

248,400

12.1

360,700

16.6

4,440,900

10.1

4,373,100

9.3

6,162,500

12.4

高齢者等のための設備はない

984,900

52.1

1,093,000

53.3

912,600

42.1

25,340,600

57.7

27,173,000

58.0

23,940,300

48.3



6 耐震診断状況

住宅の耐震診断をしたことがある持ち家は18万6500戸で、持ち家総数の13.5%(全国第4位、全国10.3%)

耐震診断をしたことがある住宅割合を地域別にみると、高い順に阪神南(21.5%)、神戸(17.3%)、阪神北(14..5%)となったが、その他の地域では1桁台となった。


区分

持ち家総数

耐震診断をしたことがある

耐震診断をしたことがある割合

順位

 

 

全国計

30,316,100

3,132,800

10.3

 

県計

1,379,000

186,500

13.5  

神戸

377,610 65,340 17.3

2

阪神南

219,690 47,150 21.5

1

阪神北

186,290 27,100 14.5

3

東播磨

190,030 17,720 9.3

4

北播磨

74,200 5,200 7.0

8

中播磨

140,730 11,520 8.2

5

西播磨

72,790 5,310 7.3

6

但馬

49,540 2,660 5.4

10

丹波

29,360 1,720 5.9

9

淡路

38,780 2,800 7.2

7


耐震診断をしたことがある住宅割合を建て方別にみると、共同住宅は27.1%で全国と同率であったが、一戸建ては9.3%となり、全国(7.3%)を上回った。

区分

持ち家総数

耐震診断をしたことがある

耐震診断をしたことがある割合

兵庫県

総数

1,379,000 186,500 13.5

一戸建て

1,020,200 94,800 9.3

長屋建て

26,700 2,100 7.9

共同住宅

329,200 89,200 27.1

その他

3,000 300 10.0
全国      

総数

30,316,100 3,132,800 10.3

一戸建て

25,186,900 1,835,300 7.3

長屋建て

363,800 25,500 7.0

共同住宅

4,676,700 1,265,300 27.1

その他

88,600 6,600 7.4

*住宅・土地統計調査は5年ごとに実施(S23年~)

  調査期日:H20.10.1現在

   調査対象:県内で8,398調査単位区から 約140,000住戸 抽出

   全国で約21万調査単位区(H17国勢調査の約1/5)から約350万戸・世帯 抽出

*全国値確報値はH22.2.24公表 

*統計表の数値は標本調査による推定結果のため、四捨五入して表章しているので、表中の数値の計は必ずしも総数とは一致しない。




兵庫県結果の統計表 


●県内地域別結果の統計表
 「関連資料」をご覧ください。
 
 【地域別市町】

阪神南地域(尼崎市・西宮市・芦屋市)

阪神北地域 (伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町)

東播磨地域(明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)

北播磨地域(西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町)

中播磨地域(姫路市・市川町・福崎町・神河町)

西播磨地域 (相生市・赤穂市・宍粟市・たつの市・太子町・上郡町・佐用町)

但馬地域(豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町)

丹波地域(篠山市・丹波市)

淡路地域 (洲本市・南あわじ市・淡路市)

お問い合わせ

部署名:企画県民部ビジョン局統計課

電話:078-362-4127

FAX:078-362-4131

Eメール:toukeika@pref.hyogo.lg.jp