更新日:2024年6月3日

ここから本文です。

グリーンボンド発行の情報

SDGsの取組の一環として、グリーン化を推進する本県の施策を広くPRし、一層の機運醸成や施策の推進を図るとともに、県債の購入を通じた投資家の県政への参画を推進するため、令和4年度よりSDGs債(グリーンボンド)を発行しています。

個人の方でもご購入いただけるグリーンボンドについては、こちらをご覧ください。

令和6年度発行

兵庫県SDGs債(グリーンボンド)のご案内(PDF:1,006KB)

 

兵庫県令和6年度第3回公募公債

(グリーンボンド・5年)

兵庫県令和6年度第4回公募公債

(グリーンボンド・10年)

発行金額 100億円 100億円
発行年限 5年満期一括債 10年満期一括債
表面利率 未定 未定
条件決定 最速7月
主幹事 みずほ証券(事務)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 SMBC日興証券
大和証券 野村證券
東海東京証券
購入対象 法人投資家

令和5年度発行

  • 本県2回目となるグリーンボンドの発行条件が決定し、全国の投資家からご賛同をいただいた結果、前回に続き即日完売となりました。
  • 前回は、10年債・20年債あわせて国内市場公募SDGs債で過去最多となる延べ218件の投資表明を獲得。今回は、5年債・10年債あわせて延べ271件の投資表明をいただき、本県が前回記録した国内最多件数を更新しました
  • 多数の投資家から購入希望をいただいたことから、需要状況を踏まえて当初予定していた各100億円からの増額発行となりました

知事記者会見資料(令和5年6月8日公表)(PDF:1,199KB)

投資表明

本県のグリーンボンドの発行意義などに賛同し、投資を表明いただける投資家について、下記のとおり投資家名を紹介します(投資したことを各投資家のウェブサイト等で公表される場合は、リンクを掲載します)。

投資表明投資家一覧(令和5年10月26日時点)(PDF:767KB)

投資表明の概要(PDF:1,406KB)

発行の概要

兵庫県SDGs債(グリーンボンド)のご案内(PDF:1,183KB)

 

兵庫県令和5年度第3回公募公債

(グリーンボンド・5年)

兵庫県令和5年度第4回公募公債

(グリーンボンド・10年)

発行金額 110億円 150億円
発行年限 5年満期一括債 10年満期一括債
表面利率 0.210% 0.661%
発行時期 令和5年6月8日(木曜日)条件決定、令和5年6月20日(火曜日)発行
主幹事 みずほ証券(事務)
SMBC日興証券

野村證券

東海東京証券

大和証券

岡三証券

購入対象

法人投資家

令和4年度発行

記者発表資料(令和4年9月7日公表)(PDF:1,139KB)

投資表明

投資表明投資家一覧(令和4年11月25日時点)(PDF:685KB)

発行の概要

兵庫県SDGs債(グリーンボンド)のご案内(PDF:509KB)

 

兵庫県令和4年度第4回公募公債

(グリーンボンド・10年)

兵庫県第44回20年公募公債

(グリーンボンド)

発行金額 100億円 100億円
発行年限 10年満期一括債 20年満期一括債
表面利率 0.384% 0.966%
発行時期 令和4年9月7日(水曜日)条件決定、令和4年9月20日(火曜日)発行
主幹事 みずほ証券(事務)

野村證券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

大和証券

SMBC日興証券

岡三証券

BNPパリバ証券

購入対象

法人投資家

資金使途

分類 事業内容

汚染防止及び抑制

再生可能エネルギー
  • 下水汚泥広域処理場整備事業
    (下水汚泥を利用したバイオガスの生成・固形燃料化)

エネルギー効率

再生可能エネルギー
  • 県有施設の設備更新
    (照明のLED化、空調設備の更新、太陽光発電設備の導入)
気候変動への適応
  • 治水対策の推進を目的とした河川改修
  • 土砂災害対策のための治山・砂防対策等
  • 豪雨災害時に備えた法面防災対策
  • 豪雨時の防災・減災対策を目的としたため池防災対策
  • 高潮対策のための防潮堤の嵩上げや胸壁整備
生物自然資源及び土地利用に係る環境持続型管理
  • 土砂災害防止や温室効果ガスの吸収に資する森林整備
  • 森林整備に必要な林道整備

陸上及び水生生物の

多様性の保全

  • コウノトリの生息環境整備(ため池の浅瀬やビオトープの造成)

グリーンボンド・フレームワーク

本債券の発行に際し、資金使途などを明記した発行の枠組み(グリーンボンド・フレームワーク)を策定しています。

グリーンボンド・フレームワーク(令和5年7月28日策定)(PDF:1,233KB)

第三者機関による外部評価の取得

上記フレームワークに対し、第三者機関である株式会社日本格付研究所(JCR)より、国際資本市場協会(ICMA)によるグリーンボンド原則2021及び環境省グリーンボンドガイドライン2022年版への適合性について、最上位である「Green1(F)」の評価を受けています。

外部評価書(PDF:1,979KB)

レポーティング

グリーンボンドにより調達した資金の事業及び環境改善効果を「インパクトレポート」にとりまとめています。

令和4年度実績(PDF:2,715KB)

お問い合わせ

部署名:財務部 財政課 資金財産班

電話:078-362-9051

内線:2663

FAX:078-362-9049

Eメール:shikinzaisan@pref.hyogo.lg.jp