ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅再建・耐震 > 兵庫県住宅再建共済制度(愛称:フェニックス共済)

ここから本文です。

更新日:2021年4月28日

兵庫県住宅再建共済制度(愛称:フェニックス共済)

 

フェニックス共済は兵庫県が条例に基づいて実施し、あらゆる自然災害に対応する安全・安心の制度です。

 

共済負担金、給付額について

 

阪神・淡路大震災では、被災地の住宅再建に大きな困難が生じ、その結果、コミュニティの復興や地域経済の復興など、被災地域全体の復興にも影響が及んでしまいました。

 

「兵庫県住宅再建共済制度(フェニックス共済)」は、この経験・教訓を踏まえ、災害後の速やかな住宅再建を支援するため、住宅所有者が平時から負担金を持ち寄って備えることで、自然災害で被害を受けた住宅を再建する際に最大600万円の給付を受けられる「助け合い」の制度として創設したものです。

阪神・淡路大震災以降、地震保険加入率の向上や被災者生活再建支援制度の創設など、支援策の充実が図られてきていますが、それだけでは足りません。
それらと相まった「共助」の仕組みが不可欠です。

いざというときのわが家の安全・安心のために、小さな負担(年額5,000円)で大きな安心(最大600万円)を確保できる「兵庫県住宅再建共済制度」にぜひご加入ください!

 

インターネット申込みは(外部サイトへリンク)

持参・郵送での申込方法(外部サイトへリンク)

 

※フェニックス共済の詳しい情報をお知りになりたい方は、下の「関連メニュー」をご覧ください。

フェニックスサポーターはばタン

フェニックス共済ロゴ

 

 

 

住宅再建共済制度と地震保険・共済とのあわせて加入をオススメします

【地震保険について】
災害後の住宅再建には多額の資金が必要であり、地震保険・地震共済等の自助努力が不可欠です。
いざというときのわが家の安全・安心への備えの「基本」として、地震保険等に加入しましょう!
※地震保険の概要はこちら(外部サイトへリンク)

(ご参考)住宅再建資金の確保
例えば、2,000万円の住宅が地震で全壊し、再建する場合、

  • 何も備えていなければ、公的支援(被災者生活再建支援法)で300万円のみ
    →住宅再建資金が大幅に足りない!
  • 兵庫県住宅再建共済制度と地震保険にあわせて加入
    →(1)地震保険で最大1,000万円+(2)公的支援で300万円+(3)住宅再建共済制度で600万円が確保でき、住宅再建の目処が立ちます!

【お申し込み・お問い合わせ先】

(加入の申し込み・問い合せに関すること)

公益財団法人兵庫県住宅再建共済基金
TEL:078-362-9400(専用コールセンター)
(公財)兵庫県住宅再建共済基金ホームページ(外部サイトへリンク)

(制度全般に関すること)

兵庫県 企画県民部 防災企画局 防災支援課
TEL:078-362-4423

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災支援課
電話:078-362-9400(フェニックス共済コールセンター)、078-362-4423(防災支援課)
FAX:078-362-4082(フェニックス共済コールセンター)、078-362-4459(防災支援課)
Eメール:jutakukyosaikikin@pref.hyogo.lg.jp(フェニックス共済)、bosaishien@pref.hyogo.lg.jp(防災支援課)