ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 食と農_安定供給 > 兵庫県卸売市場整備計画とは

ここから本文です。

更新日:2016年4月12日

兵庫県卸売市場整備計画とは

県民の食生活を支える基幹的社会インフラである卸売市場について、担うべき役割や関係者が取り組むべき機能強化の方向性を示すため、卸売市場法に基づき兵庫県が策定する計画です(国の方針変更や社会情勢、流通事情の変化等を踏まえ、概ね5年ごとに改定しているものです。)。

兵庫県卸売市場整備計画(第11次)

本県では、生鮮食料品の円滑な流通を確保し、県民の食生活の安定と農林水産業の振興に資するため、卸売市場法が制定される以前の昭和43年度から「兵庫県卸売市場整備計画」を策定し、概ね5年ごとに改定を行いながら、卸売市場の整備を誘導してきました。

兵庫県卸売市場整備計画(第11次)については、平成26年11月から平成28年1月にかけて農林水産政策審議会おいて検討をいただき、県民意見提出手続(パブリックコメント)、政令指定都市(神戸市)協議を経て平成28年4月に策定しました。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp