ホーム > しごと・産業 > 工業 > 地場産業 > 兵庫県の地場産業の紹介 > 神戸アパレル

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

神戸アパレル

概要

開港以来の神戸のハイカラな文化や海と山の恵まれた自然環境を背景にして生まれた産業

起源・沿革

神戸ファッションコンテスト

神戸アパレルは、開港以来の神戸のハイカラな文化や海と山の恵まれた自然環境を背景にして戦後新しく生まれた産業である。多くの企業が神戸市中央区に本社を置き、商品の企画、デザインと卸機能を中心に成長してきた。高級ブラウスやニット製品の婦人服をはじめ、子供服、ベビー用品等神戸らしい特徴をもつ商品は、神戸ファッションとして全国的にも高い評価を受けている。昨今では、製造から小売までを手がける「SPA」が主流となり、また、ネット販売にも積極的に取り組むケースが増えるなど商品の流通形態に大きな変化が起きている。
神戸ではアパレルをはじめ、ケミカルシューズ・洋菓子・洋家具・真珠等の生活文化産業をファッション産業として捉え、これらの産業をバックアップするため、昭和48年に「ファッション都市宣言」を行ったのを皮切りに、昭和58年にはアパレルはもとより、真珠・スポーツ・食品・化粧品企業などによる「神戸ファッションタウン協議会」を結成し、ファッション都市化を進めてきた。それと相前後して神戸アパレルは急速な成長を遂げ、付加価値の高い知識集約型産業の中核として大きくクローズアップされている。
また、宣言以降は経済界と行政が一体となって「ファッション都市づくり」を推進し、「神戸ファッションコンテスト」や「KFOクリエーターズ倶楽部」といった神戸アパレルの人材育成や販路開拓を支援する取組などを進めてきたほか、平成14年には、今や日本最大級のファッションイベントである「神戸コレクション」が始まり、これに連動した街をあげてのイベント「神戸ファッションウィーク」も開催されるなど民間主導でもファッション都市を盛り上げる動きが活発に行われている。

神戸ファッション美術館

ハード面では平成元年11月、ポートアイランドに、アパレルを中心としたファッションタウンがオープンした。さらに平成3年には、六甲アイランドに日本初の本格的ファッションビジネスセンター「神戸ファッションマート」がオープンし、同年神戸ファッション協会、平成9年には神戸ファッション美術館が設立されるなど、神戸アパレル支援の仕掛けが着々と整備されてきた。生産工程図(PDF:69KB)

問い合わせ先

公益財団法人神戸ファッション協会

住所:〒650-0046神戸市中央区港島中町6-1神戸商工会議所会館6階
電話:078-303-3123
FAX:078-303-3122
URL:http://www.kfo.or.jp(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局工業振興課

電話:078-362-3331

FAX:078-362-3801

Eメール:kougyoshinko@pref.hyogo.lg.jp