ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 港の概要 > (西播磨地域)赤穂港御崎地区唐船(からせん)海岸ぬかるみ対策

更新日:2023年1月23日

ここから本文です。

(西播磨地域)赤穂港御崎地区唐船(からせん)海岸ぬかるみ対策

経過観察(対策完了後)

 令和2年度にぬかるみ対策は完了しました。今後、令和5年度までは「ぬかるみ」の観察を続け、再発を防止できたか確認します。

背景と経過(対策完了)

 平成24年4月24日、赤穂港御崎地区唐船海岸の「砂浜等の安全利用点検」において、海岸砂浜全域にわたり多数の軟弱地(ぬかるみ)が確認され、一部のぬかるみにおいて足がぬけにくい状況が確認されました。

’’ぬかるみ’’

 当海岸は、「唐船潮干狩り場」「唐船海水浴場(サンビーチ)」等が実施され、立ち入りが多いことから、海岸管理者である兵庫県は、危険を回避するため、砂浜陸域部から浅海域への立ち入りを禁止し、同年4月27日に杭・ロープ等により閉鎖しました。

 ぬかるみ発生の原因を究明し、これを踏まえた対策を検討するための委員会を平成24年7月10日に設置し、約1年8ヶ月の間に5回の委員会を開催し、最終の第5回において委員会提言が取りまとめられ、令和2年度に対策工事は完了しました。

 

検討委員会

検討委員会提言

 

 

検討委員会履歴

 

お問い合わせ

部署名:西播磨県民局 光都土木事務所

電話:0791-58-2229

FAX:0791-58-2321

Eメール:kotodoboku@pref.hyogo.lg.jp