ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 兵庫県伝統文化特別事業

ここから本文です。

更新日:2019年10月8日

兵庫県伝統文化特別事業

兵庫県伝統文化研修館で育成してきた青少年(花笠かぶき人間塾)が中心となり、伝統文化を通して地域の若者の「ふるさと意識」の醸成を図るため、企業版ふるさと納税を活用し、地域文化の魅力を発信していきます。

下記のとおり事業を開催しますので、ぜひともご参加をお願いいたします。

  • 兵庫県伝統文化研修館の概要については、概要をご覧ください。
  • 兵庫県伝統文化研修館の各種事業については、兵庫県伝統文化研修館事業をご覧ください。

兵庫県伝統文化特別事業の概要

事業名称

姫路城ゆかりの伝統文化魅力発信プロジェクト

事業実施主体

兵庫県伝統文化特別事業実行委員会

(構成)

  1. 兵庫県(中播磨県民センター)
  2. 姫路市
  3. 伝統文化研修館活用推進協議会
  4. (一社)兵庫県日本文化教育振興会

姫路城周辺施設での歌舞伎舞踊定期イベント

特別事業(姫路城奉賀舞)(PDF:563KB)

日時

令和元年10月13日(日曜日)・12月8日(日曜日)

各日2回公演

  • 第1回公演:13時15分から14時
  • 第2回公演:14時20分から15時

会場

潮音斎(姫路市本町68 好古園内)

特別ゲスト

  • 常磐津 兼豊(浄瑠璃・唄)
  • 常磐津 紫緒(三味線)

内容

花笠かぶき人間塾さくらチームによる姫路城奉賀舞

  • 詩謡しらさぎ「姫路城」
  • 姫路城おどり節

特別ゲストによる邦楽演奏

備考

  • 観覧は無料ですが、好古園への入場料が必要です。
  • 台風19号の接近に伴い、10月13日の公演については、中止する場合があります。

 

下記からもチラシをご覧いただけます。

 姫路城ゆかりの伝統文化魅力発信プロジェクト「姫路城奉賀舞」チラシ(PDF:563KB)

 

 兵庫県伝統文化研修館の概要

コンセプト

  1. 青少年の文化力アップ
  2. 国際交流と異文化理解
  3. 文化発信と人材育成

所在地

  • 姫路市双葉町122番地(JR京口駅から徒歩7~8分)

規模等

  • 敷地:397.83平方メートル
  • 建物:鉄骨2階建、延床面積 286.63平方メートル
  • 檜板舞台、広間(和室)、和風庭園付き

研修館の門からの写真 研修館の玄関付近 研修館の舞台

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 県民課

電話:079-281-9197

内線:270

FAX:079-281-3015

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp