ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉一般 > その他健康・福祉 > ケアラー・ヤングケアラー支援について

更新日:2022年6月8日

ここから本文です。

ケアラー・ヤングケアラー支援について

兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口

兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口を開設しました!

県ヤングケアラー等相談窓口 開所式写真

令和4年6月1日に兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口を開設しました。

受付時間:月曜日~金曜日 9時30分~16時30分 (祝日・年末年始を除く)

※時間外のご相談は翌開設時間の回答になります。

専用電話番号:078-894-3989

E-mail:yc@hacsw.or.jp

LINEアカウント兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口 LINEアカウントQRコード

兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口 案内チラシ(PDF:1,237KB)(別ウィンドウで開きます)

ヤングケアラーとは

法令上の定義はありませんが、一般に、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもとされています。

ヤングケアラー等は、家庭内のデリケートな問題であること、本人や家族に自覚がないといった理由から、支援が必要であっても表面化しにくい構造となっています。本県では、ヤングケアラー等の早期発見、悩み相談・福祉サービスへのつなぎ等の支援体制の整備等に取り組むこととしています。

ヤングケアラーはこんな子どもたちです

「兵庫県ケアラー・ヤングケアラー支援推進方策」手交式(令和4年3月10日)

無償で祖父母、父母、兄弟などへの介護や看護、日常生活上での世話などをするケアラーや18歳未満の子どものヤングケアラーは、周囲も気付きにくく本人や家族の自覚がないまま表面化しないなど、近年、大きな社会問題となっています。

このため、本県では、令和3年9月に「ケアラー支援に関する検討委員会(座長:濱島淑恵 大阪歯科大学医療保健学部教授)」を設置し、4回にわたる審議を行い、推進方策をとりまとめました。

このたび、「兵庫県ケアラー・ヤングケアラー支援推進方策」について、同委員会の濱島座長から齊藤知事へ手交されました。

ケアラー・ヤングケアラー支援推進方策手交式令和4年3月10日

兵庫県ケアラー・ヤングケアラー支援推進方策について

ケアラー・ヤングケアラーの実態に係る福祉機関調査を踏まえて、令和3年9月にケアラー支援に関する検討委員会を設置し、ケアラー・ヤングケアラーの支援者や経験者からのヒアリングを実施するとともに、早期発見、悩みの相談支援、福祉サービスへの円滑なつなぎ、市町や関係機関との連携強化等について議論を重ね推進方策をとりまとめました。

兵庫県ケアラー・ヤングケアラー支援推進方策~ケアを担う子ども・若者たちが“取り残されることがない社会の実現”を目指して~

ケアラー・ヤングケアラーの相談窓口等について

県内市町ケアラー・ヤングケアラー担当部署一覧(PDF:69KB)

ケアラー・ヤングケアラーの支援に関する市町の担当・連絡窓口等を掲載しています。

高齢者の介護に関する相談(地域包括支援センター一覧

高齢者の多様なニーズや相談に総合的に対応し、必要なサービスを包括的・継続的に調整する地域の拠点として、「地域包括支援センター」を市町が設置しています。

ひょうごっ子SNS悩み相談(外部サイトへリンク)

音声通話や面接における相談に踏み切れない児童生徒の悩みや相談を、子どもたちにとって身近なSNS(LINE)を活用し、容易に相談をすることができる環境を構築しています。

ひょうごっ子相談24時間ホットライン(外部サイトへリンク)

いじめ、不登校、友人関係や進路、体罰だけでなく、子どものSOS全般について児童生徒や保護者などの相談に応じ、県内の幼児や児童生徒等のこころの悩み等の解消や子どものSOSの早期発見を図ります。

障害者に関する相談窓口

障害者に関する相談窓口について掲載しています。なお、基幹相談支援センターへの相談や障害福祉サービス等を利用したい場合は、お住まいの市町へお問い合わせください。

こども家庭センター・児童虐待防止24時間ホットライン

こども家庭センターでは、0歳から18歳未満の子どもの健やかな成長を願って、子どもと家庭のさまざまな問題について相談援助活動を展開しています。

また、児童虐待の通告や相談の窓口としての児童虐待対応ダイヤル「189」(24時間の電話相談)を設置し、緊急時の即応体制を整備しています。

生活困窮に関する相談(生活困窮者自立相談支援機関一覧

働きたくても働けない、住む所がない、などの生活全般の困りごとについて、一人ひとりの状況に応じた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行っています。

関係リンク

厚生労働省におけるヤングケアラー関連施策について(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

国ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

部署名:福祉部 地域福祉課

電話:078-362-3181

FAX:078-362-4262

Eメール:chiikifukushi@pref.hyogo.lg.jp