ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 薬局への新型コロナウイルス感染症にかかる支援等

更新日:2022年5月26日

ここから本文です。

薬局への新型コロナウイルス感染症にかかる支援等

目次

  1. 新型コロナウイルス感染症にかかる自宅療養者等に対する調剤支援事業
  2. 新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(パキロビッド)の配分に係る医薬品提供体制の整備について
  3. 新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(ラゲブリオ)の配分に係る医薬品提供体制の整備について
  4. 新型コロナウイルスに感染した薬剤師に代わり調剤を行う薬剤師派遣体制の確保事業について

1 新型コロナウイルス感染症にかかる自宅療養者等に対する調剤支援事業

(1)支援金の概要

事業の詳細、申請・請求手続きについては募集要項を御確認ください。

趣旨

新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い、自宅や福祉施設等において待機・療養(以下、「自宅療養等」という。)を行っている患者に対し、往診等を行った医療機関が発行した院外処方箋に基づき調剤及び服薬指導を行った薬局を支援することにより、医療提供体制の整備を図り、自宅療養者等が安心できる環境を確保し、新型コロナウイルス感染症への医療提供体制の充実を図るため、当該薬局へ調剤及び服薬指導の経費等に対して協力金を交付します。

交付対象者

無症状・軽症等で自宅療養等をしている者に対し、往診等を行った医師からの院外処方箋により、調剤及び服薬指導を行った薬局。ただし、保健所等から受診勧奨のあった者に限ります。

無症状・軽症等で宿泊療養施設療養をしている者を含みます。
※宿泊療養施設において療養している者に係る申請をする際には、様式別紙1の備考欄に患者が療養する宿泊療養施設名を記入願います。

 

支援額

保健所等からの受診勧奨等に対して往診等を行った医師の院外処方箋による調剤等に対して、1日あたり10,000円。

対象期間

令和4年4月1日~令和4年9月30日

(2)申請受付期間

第1回:令和4年5月2日(月曜日)から5月31日(火曜日)(4月1日から4月30日実績分)

第2回:令和4年6月1日(水曜日)から6月30日(木曜日)(5月1日から5月31日実績分)

第3回:令和4年7月1日(金曜日)から7月29日(金曜日)(6月1日から6月30日実績分)

第4回:令和4年8月1日(月曜日)から8月31日(水曜日)(7月1日から7月31日実績分)

第5回:令和4年9月1日(木曜日)から9月30日(金曜日)(8月1日から8月31日実績分)

第6回:令和4年10月3日(月曜日)から10月31日(月曜日)(9月1日から9月30日実績分)

(3)申請・請求の提出先

次の手順を遵守してください。

  • 一次申込書(エクセル:21KB)に必要事項を記載してください。
  • エクセルファイルは「基本情報」「患者一覧」の二つのシート構成になっています。
  • 一次申込書を作成しましたら、ファイル名を「○月実績分(△△薬局)」として、パソコンのデスクトップ等に保存してください。 ※ファイル名の○は補助対象月、△△は薬局名
  • ファイルを保存するときは、エクセルファイルのまま保存し、ファイルを分割したり、PDF化したりしないでください。
  • 作成した申込書を下記送付先に電子メールで送信してください。その際、メールの表題は「調剤支援事業申込(△△薬局)」としてください。 ※表題の△△は薬局名
  • 一次申込書をもとに審査を行い、内容の確認及び保健所が作成する「受診勧奨患者リスト」と相違がないこと等を兵庫県薬務課で審査します。
  • 審査終了後、申込書に記載のあったメール宛てに申請書等をお送りするとともに、その後の手続についてお知らせします。また、審査の結果、支援の対象とならなかった場合もメールにてお知らせします。
  • 期限を過ぎての申込書は受付けません。

円滑な支援金の支払いのため、一時申込書についてはメールでの提出をお願いします。

メールでの提出が困難な場合は下記宛てにご連絡ください。

  • 一次申込書提出先:chozai@pref.hyogo.lg.jp
  • お問い合わせ先:保健医療部薬務課薬務指導班 078-362-3268

(4)募集要項等

募集要項(PDF:94KB)

申請・請求等各種様式(PDF:126KB)

調剤支援事業Q&A(PDF:77KB)

2 新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(パキロビッド)の配分に係る医薬品提供体制の整備について

新型コロナウイルス感染症の患者を対象とした経口抗ウイルス薬「ニルマトレビル/リトナビル」(販売名:パキロビッド®パック。以下「当該医薬品」という。)について、令和4年2月10日に新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認されました。今後、製造販売業者(「ファイザー株式会社」をいう。)から当該医薬品が供給されますが、現状、安定的な供給が難しいことから、一般流通は行わず、当面の間、厚生労働省が所有した上で、以下の1.の条件を満たす薬局に対して配分が行われます

  • 1.あらかじめ薬務課に申出を行った薬局であること
  • 薬務課に申出を行った薬局は、後日ファイザー株式会社が開設する「パキロビッド登録センター」より登録等の案内がメールで送付されますので、その案内に従い登録をお願いします

(1)薬務課への申出について(「パキロビッド登録センター」への登録にあたっての準備及び留意事項)

申出を行った後、「パキロビッド登録センター」への登録が可能となるまで、一定の時間を要しますので御了承ください

(ア)対応薬局の条件

対応薬局は、「今夏の感染拡大を踏まえた今後の新型コロナウイルス感染症に対する保健・医療提供体制の整備について」(令和3年10月1日付厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)における自宅療養者等の治療体制に対応・協力する薬局(地域連携薬局を含む)のうち、以下のいずれの条件も満たす薬局であること。

  • 「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月10日付厚生労働省医政局医事課、医薬・生活衛生局総務課連名事務連絡)「2.薬局における対応」に記載する服薬指導等の実施や、薬剤の広域的な配送等の対応を行うこと。
  • 夜間・休日、時間外、緊急時の対応(輪番制による対応含む)を行うこと。
  • 各都道府県内の対象医療機関と緊密な連携がとれること。
  • 新型コロナ患者への対応のため、経口薬「ラゲブリオ」を調剤した実績がある薬局であって、併用薬の確認や広域的な配送などが適切に行える薬局であること。

(イ)新規申出について(再申出含む)

上記(1)の条件を確認のうえ、御了承いただける薬局につきましては、下記URL又はQRコードにより「兵庫県電子申請共同運営システム(e-ひょうご)」にアクセスし、必要事項を入力のうえ申出をしてください。

なお、入力いただいた内容に不備がある場合、対応薬局としての取り扱いができない、若しくは登録が遅れる場合がありますのでご注意ください

接続先URL
https://www.e-hyogo.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/form.do?id=1650875024025

QRコード

QRCode

(ウ)申請後の薬局情報の変更・取下げについて

変更について

薬局名、所在地、電話番号、FAX番号、メールアドレス、開局日及び時間、時間外・緊急時電話番号が変更になった場合は以下のメールアドレスにパキロビッドの登録変更を行う旨及び変更内容について申出ていただきますようお願いします。

メールアドレス:chozai@pref.hyogo.lg.jp

申出いただいたメールアドレスに対して、変更用のフォーマットを送信させていただきます。

取下げについて

対応薬局として対応できなくなった場合又は対応薬局としての条件を満たさなくなった場合は、以下のメールアドレスに取下げを行う旨を申出ていただきますようお願いします。

メールアドレス:chozai@pref.hyogo.lg.jp

申出いただいたメールアドレスに対して、取下げ用のフォーマットを送信させていただきます。

(エ)その他(申出期限等について)

毎月月末までに上記(イ)の申出を行い、上記(ア)の条件を満たしていることが確認できた薬局を対応薬局として翌月上旬に国へ登録手続きの依頼をします。

新規申出を行う薬局については、「パキロビッド登録センター」への登録が可能となるまで、時間を要しますので御了承ください。

  • 医療機関は、あらかじめ当該医薬品の在庫がある対応薬局のリストに基づき、患者が希望する薬局に対して処方箋及びチェックリストをファクシミリで送付すること。
  • 薬局は、送付された処方箋及びチェックリストに基づき調剤を行い、服薬指導等を電話等で行い、患者の居所に本剤を配送又は持参することを原則とする。

3 新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(ラゲブリオ)の配分に係る医薬品提供体制の整備について

 

新型コロナウイルス感染症の患者を対象とした経口抗ウイルス薬「モルヌピラビル」(販売名:ラゲブリオ®カプセル200mg。以下「当該医薬品」という。)について、令和3年12月24日に新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認されました。今後、製造販売業者(「MSD株式会社」をいう。)から当該医薬品が供給されますが、現状、安定的な供給が難しいことから、一般流通は行わず、当面の間、厚生労働省が所有した上で、以下の1.、2.の条件を満たす薬局に対して配分が行われます。

  • 1.あらかじめ薬務課に申出を行った薬局であること
  • 2.当該医薬品の製造販売元である「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録を行った薬局であること
  • 既に薬務課に申出を行っている薬局は、速やかに「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録をお願いします
  • ※1.の申出を行っていない場合は「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録はできません

【「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録方法等について】

MSD株式会社の以下サイトより登録いただきますようお願いします。

MSD Connect(医療関係者向けサイト)(外部サイトへリンク)

ラゲブリオ登録センター専用ダイヤル:0120-682-019

(1)薬務課への申出について(「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録にあたっての準備及び留意事項)

申出を行った後、「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録が可能となるまで、時間を要しますので御了承ください。

(ア)対応薬局の条件

対応薬局は、「今夏の感染拡大を踏まえた今後の新型コロナウイルス感染症に対する保健・医療提供体制の整備について」(令和3年10月1日付厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)における自宅療養者等の治療体制に対応・協力する薬局(地域連携薬局を含む)のうち、以下のいずれの条件も満たす薬局であること。

  • 「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月10日付厚生労働省医政局医事課、医薬・生活衛生局総務課連名事務連絡)(以下、「令和2年4月10日事務連絡」と言います。)「2.薬局における対応」に記載する服薬指導等の実施薬剤の配送等の対応を行うこと。
  • 夜間・休日、時間外、緊急時の対応(輪番制による対応含む)を行うこと。

(イ)新規申出について(再申出含む)

上記(1)の条件を確認のうえ、御了承いただける薬局につきましては、以下のメールアドレスに申出行う旨を申出ていただきますようお願いします。

申出いただいたメールアドレスに対して、申出用のフォーマットを送信させていただきます。

メールアドレス:chozai@pref.hyogo.lg.jp

入力いただいた内容に不備がある場合、対応薬局としての取り扱いができない、若しくは登録が遅れる場合がありますのでご注意ください。

(ウ)申出後の薬局情報の変更・取下げについて

変更について

薬局名、所在地、電話番号、FAX番号、メールアドレス、開局日及び時間、時間外・緊急時電話番号が変更になった場合は以下のメールアドレスにラゲブリオの登録変更を行う旨及び変更内容を申出ていただきますようお願いします。

メールアドレス:chozai@pref.hyogo.lg.jp

申出いただいたメールアドレスに対して、変更用のフォーマットを送信させていただきます。

取下げについて

対応薬局として対応できなくなった場合又は対応薬局としての条件を満たさなくなった場合は、以下のメールアドレスに取下げを行う旨を申出ていただきますようお願いします。

メールアドレス:chozai@pref.hyogo.lg.jp

申出いただいたメールアドレスに対して、取下げ用のフォーマットを送信させていただきます。

(エ)その他

毎月月末までに入力されたデータの内容について、要件を満たしている薬局分を対応薬局として翌月上旬に国へ追加手続きを依頼します。

新規申出(再申出含む)を行う薬局については、「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録が可能となるまで、時間を要しますので御了承ください。

  • 医療機関は、あらかじめ当該医薬品の在庫がある対応薬局のリストに基づき、患者が希望する薬局に対して処方箋及びチェックリストをファクシミリで送付すること。
  • 薬局は、送付された処方箋及びチェックリストに基づき調剤を行い、服薬指導等を電話等で行い、患者の居所に本剤を配送又は持参することを原則とする。

(2)「MSD株式会社ラゲブリオ登録センター」への登録等

(ア)登録方法

MSD株式会社の以下サイトより登録いただきますようお願いします。

MSD Connect(医療関係者向けサイト)(外部サイトへリンク)

ラゲブリオ登録センター専用ダイヤル:0120-682-019

(イ)留意事項

  • 医療機関は、あらかじめ当該医薬品の在庫がある薬局対応薬局のリストに基づき、患者が希望する薬局に対して処方箋及びチェックリストをファクシミリで送付すること。
  • 薬局は、送付された処方箋及びチェックリストにもとづき調剤を行い、服薬指導等を電話等で行い、患者の居所に本剤を配送又は持参することを原則とする。
【参考通知等】

令和3年12月24日付厚生労働省事務連絡(PDF:413KB)

モルヌピラビルの提供体制について(PDF:518KB)

モルヌピラビルの投与に関する日本感染症学会ガイドライン(PDF:257KB)

4 新型コロナウイルスに感染した薬剤師にかわり調剤を行う薬剤師派遣体制の確保事業について

1中学校区に1件のみ所在する薬局等に勤務する薬剤師が新型コロナウイルス感染症に感染(同感染症の疑いがある場合を含む)し調剤が行えなくなった場合でも、継続した調剤が行えるよう他の医療機関・薬局から薬剤師の派遣を行い、地域医療供給体制の確保を支援します。

要件等については、薬務課薬務指導班(0783623268)までお問い合わせください。