兵庫県/麻しん(はしか)について

ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 麻しん(はしか)について

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

麻しん(はしか)について

県内での発生状況

平成30年5月、今年になって県内で初めてとなる修飾麻しん患者(※)の発生届が県内の医療機関から提出されましたが、海外からの輸入症例であり、国内で感染したものではありません。

近年、国内では、海外からの輸入症例を発端とした麻しんの集団感染が散見されており、県内においても今後注意が必要です。発熱、発しん等の麻しんを疑う症状が現れた場合は、事前に医療機関に電話連絡の上、指示に従い受診してください。また、移動の際は、周囲への感染を拡げないよう、公共交通機関の利用は避けてください。

 

修飾麻しんとは

幼少時に1回のみワクチンを接種しているなど、麻しんに対する免疫が不十分な人が麻しんウイルスに感染した場合、軽症で典型的ではない麻しんを発症することがあり、このような麻しんを「修飾麻しん」と呼びます。

潜伏期間が長くなったり、高熱が出ない、発熱期間が短い、発しんが手足だけで全身には出ないことがあります。感染力は典型的な麻しんに比べて弱いといわれていますが、周囲の人への感染源になるので注意が必要です。

(参考)麻しんの発生状況
 

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

兵庫県

19 4 20 3 1

全国

462 35 165 189 67

平成30年の兵庫県は、第18週(~5月6日)までの発生数
平成30年の全国は、第15週(~4月15日)までの発生数

~県民の皆様へ~

  • 麻しんの疑いがある場合は、すみやかに医療機関を受診してください。その際には、事前に医療機関に電話し、麻しん疑いがあることを伝え、指示に従ってください。
  • 受診の際は、周囲の方へ感染させないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。
  • また、相談は最寄りの健康福祉事務所(保健所)にご連絡ください。

麻しんを予防するために、また、他の人に感染させないために以下のことに注意しましょう。

1.幼児の間に定期予防接種(MRワクチン等)を2回受けましょう

麻しんの免疫を獲得するためには、ワクチン接種がもっとも有効です。子どもの定期接種(第1期、第2期)を受けると99%以上の方が免疫を獲得できます。定期の予防接種は、各市町で無料で受けられますので、必ず受けましょう。

(麻しんの定期予防接種)

  • 第1期:生後12月から生後24月に至るまでの間にある者
  • 第2期:小学校就学前の1年間にある者
予防接種については、お住まいの市町で実施方法等をお問い合わせください。

2.麻しんの免疫を持っているか知りましょう

麻しんにかかったことがない方やワクチン接種を受けていない方、ワクチン接種が1回接種だった方(生年月日が昭和47年10月から平成2年4月1日までの方)については十分な免疫を獲得していない可能性があることから注意が必要です。

免疫(抗体)を持っているかどうかは、医療機関において検査ができます(有料)。検査を受ける際は、事前に医療機関に確認して下さい。

特に麻しんの流行地(海外)(外部サイトへリンク)へ旅行予定されている方や医療機関や教育・保育関係の職業の方は確実な接種をお薦めします。

兵庫県内の予防接種実施医療機関の検索(兵庫県医療機関情報システム)(外部サイトへリンク)

3.麻しんの症状が出たら医療機関に連絡して受診しましょう

麻しんの症状は、まず38℃前後の発熱、咳、鼻水、結膜充血がみられます。その後、一度下降した熱が再び高熱となり、発疹がでます。

発疹は耳の後ろから現れて顔、体、手足に広がっていきます。このような症状が現れた場合は、医療機関に連絡のうえ、指示のとおりに受診しましょう。

また、麻しんの患者と接触があった方については、10~12日の潜伏期間を経て発病することがあります。

38度前後の発熱が続く場合は、早期に医療機関を受診し、学校・職場などの集団生活の場への参加を自粛してください。

患者と直接接した人は、直ぐに医師に相談してください。

4.麻しんと診断されたら

麻しんは、感染力が強く、免疫が低い方に感染するおそれがあります。医療機関等で麻しんと診断された場合は、学校や幼稚園、保育所、職場等に速やかに連絡し、医療機関の指示のとおり自宅で療養して下さい。熱が下がっても、3日間程度は感染させるおそれがありますので、外出等は控えましょう。

麻しん(はしか)について

麻しんの特徴

感染力が極めて強い感染症です。

38度前後の熱が数日続き、一旦解熱した後、再び、高熱とともに発疹が出現します。

通常は、一週間から十日前後で回復します。

肺炎や脳炎を発症して重症化する場合があります。

一度麻しんにかかった人は、二度かかる心配はありません。


麻しんの発生状況

麻しんの発生状況については、国立感染症研究所感染症情報センターの【発生動向】(外部サイトへリンク)をご覧下さい。


医療機関の方へ

  • 発熱や発疹を呈する患者が受診した際は、海外渡航歴や麻しんの予防接種歴の確認等、麻しんの発生を意識した診療をお願いします。
  • 患者(疑い含む。)は、個室管理を行う等、麻しんの感染力の強さを踏まえた院内感染対策を実施してください。
  • 麻しんと診断した場合には、直ちに最寄りの健康福祉事務所(保健所)へ届出ください。

 

麻しんの届出については、麻しんの検査診断例と臨床診断例及び修飾麻しん(検査診断例)があります。

 

届出に必要な臨床症状
麻しんに特徴的な発疹
発熱
咳、鼻汁、結膜充血などのカタル症状

 

届出に必要な病原体診断

検査方法

検査材料

分離・同定による病原体の検出 咽頭拭い液、血液、髄液、尿
検体から直接のPCR法による病原体の遺伝子の検出 咽頭拭い液、血液、髄液、尿
抗体の検出(IgM抗体の検出、ペア血清での抗体陽転又は抗体価の有意の上昇) 血清

兵庫県では、届出のあった全ての患者のPCR検査を実施しています。臨床検体の提供(血液、尿、咽頭拭い液)にご協力をお願いします。

届出基準(PDF:244KB)(外部サイトへリンク)

届出様式(PDF:84KB)(外部サイトへリンク)

 

県の取組み

発生状況の早期探知及び拡大防止を期するため、本県として以下のとおり対応しています。
  1. 患者の全数報告についての周知
    感染症法に基づき平成20年1月より全数を報告することとなりました。この事について、医療機関へ周知しています。
  2. 積極的疫学調査の実施
    麻しん患者の届出があった場合に、原則、全てのケースに健康福祉事務所が訪問し、感染源の調査・二次感染防止の為に必要な調査を行っています。
  3. 兵庫県麻しん対策会議の開催
    県下の麻しん発生状況、予防接種率等のデータから、各分野での対応策等を検討しています。
  4. 予防接種の促進について
    麻しん感染防止の方策として、接種率95%以上を目標とし、各方面へ接種勧奨を依頼しています。
  5. その他
    感染拡大防止を図るため、啓発用リーフレットを作成し、保育所、幼稚園、学校等に配付し、併せて発生情報の提供を依頼しています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3264

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp