兵庫県/自動車税の納税確認の電子化

ホーム > 暮らし・教育 > 生活 > 税金・公金収納 > 自動車税の納税確認の電子化

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

自動車税の納税確認の電子化

納税確認の電子化により、車検更新時における納税証明書の運輸支局への提示が省略できます。(平成27年9月24日から始まりました。)

※自動車税に滞納があると、これまでどおり自動車検査証の返付は受けられません。自動車税は毎年、納期限までに納付してください。

詳細は納税確認の電子化に関するチラシ(PDF:147KB)をご覧ください。

ご注意ください

クレジットカードで納付された場合、概ね3週間は納税確認ができません(納税証明書の発行、納税確認の電子化もできません)

自動車税を納付後、概ね2週間以内に車検を受ける場合は、納税証明書の提示が必要です。

(納付先からの納付データを本県が受領して運輸支局へ送達するまで相当の日数を要するため)

運輸支局で納税が確認できる目安は、下記のとおりです。

  • 県税事務所窓口で納付された場合、2開庁日後
  • コンビニで納付された場合、概ね3開庁日後
  • 県内の金融機関、ゆうちょ銀行窓口で納付された場合、概ね6開庁日後
    (ペイジーにより納付された場合、概ね4開庁日後)
  • 口座振替で納付された場合、概ね4開庁日後

※収納処理の状況により、これ以上の日数を要する場合がありますので、御注意ください。

軽自動車、小型二輪自動車は、従来どおり納税証明書(市町発行)の提示が必要です。

車検有効期限を長期間経過した自動車は、運輸支局で納税確認できない場合があります。

(その他の注意事項)

4月1日以降他府県のナンバーから兵庫県に転入した自動車の納税確認については、4月1日午前零時現在の登録都道府県にお問い合わせください。

抹消登録(廃車)、名義変更等、車検以外の目的で納税証明書が必要な場合は、申請方法について県税事務所へお問い合わせください。

納税証明書の保管のお願い

車検を業者に依頼される場合は、納税通知書等に添付の納税証明書で業者の方が確認される場合がありますので、納税証明書は車検証と一緒に大切に保管してください。

なお、金融機関等のATM等を利用された場合は、納税証明書は発行されません(県からの送付もありません)のでご注意ください。

お問い合わせ先

個々の自動車に関するお問い合わせは、自動車検査証(車検証)で自動車の登録番号をご確認のうえ、各県税事務所の収納管理担当課にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部企画財政局税務課 システム・管理班

電話:078-362-3028