ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅再建・耐震 > 耐震性を有する多数利用建築物の公表制度について

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

耐震性を有する多数利用建築物の公表制度について

兵庫県では、県民の方々が安心して建築物を利用できるよう、耐震性のある多数利用建築物の所有者からの届出内容を、兵庫県のホームページ等において公表する制度を創設しました。

イメージ

多数利用建築物とは

「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に規定された多数の方が利用する建築物のことをいい、主として3階建て以上かつ延べ面積1,000平方メートル以上の建築物を指します。

(本公表制度では、公共建築物及び要緊急安全確認大規模建築物(耐震診断義務付け建築物)を除きます。)

耐震性を有する多数利用建築物の届出

耐震性を有する多数利用建築物の情報を兵庫県のホームページに掲載されたい場合は、次の関連資料に掲げる【様式】のうち、様式第1号に必要事項を記入の上、兵庫県建築指導課宛へ提出してください。(FAX、Eメール、郵送、持参(県庁1号館11階)のいずれでも結構です。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局建築指導課

電話:078-362-3608

FAX:078-362-4455

Eメール:kenchikushidouka@pref.hyogo.lg.jp