ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬物乱用対策 > あわじ 植えてはいけないけし 自生エリア拡大阻止作戦

ここから本文です。

更新日:2019年5月29日

あわじ 植えてはいけないけし 自生エリア拡大阻止作戦

業務内容

 春から夏にかけてきれいな花をつけるけしの中には、法律で栽培が禁止されている「植えてはいけないけし」があります。島内では、植えてはいけないけしの自生が多数確認されており、淡路島からこれらのけしの自生地を広げないためには、自生地の所有者や管理者による自主的な抜去(自主管理)が不可欠です。
花が散ると、果実(けし坊主)から無数の種が飛び散り、自生区域がどんどん拡大します。このことから、植えてはいけないけしの見分け方や自主管理方法などの正しい知識について広報活動を展開するとともに、自生地の所有者や管理者と一緒に自主管理の推進を行っています。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本健康福祉事務所

電話:0799-26-2018

FAX:0799-22-3345

Eメール:sumotokf@pref.hyogo.lg.jp